キヤノンの広角レンズ「EF16-35mm F4L IS USM」が欲しい

つい先日発表されたキヤノン最新の広角レンズ「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」。

現在フルサイズのボディ(5D3)を使っているので、買うならEF16-35mm F4L IS USMの方だなーと思っているんですが、いろいろと悩ましいですね。

とりあえず現状の手持ちのレンズで足りないのが広角レンズなので、いずれは広角レンズを買うつもりではいるんです。

しかし!

キヤノンの広角Lレンズには大三元の1つ「EF16-35mm F2.8L II USM」があります。これと今回発売されるレンズで悩んでいます。

この2つ何が違うのかというと、まず最大の違いがF値です。今回の最新のLレンズはF値が4なんですよね。正直僕はF2.8を使いたい。

理由は35mmの画角を頻繁に使うから。正直16mm付近のワイド側なら絞って使うのでどちらのレンズでもいいんですが、35mmとなるとボケを活かした写真を撮りたくなるんですよね。

なので、F2.8なら風景〜スナップまでこなせるので僕としてはレンズをいちいち交換しなくてもいいので楽なのです。

ただ、16-35mm F2.8Lは少し古いので周辺が流れるといった話もよく聞きます。画質に関してもやはり最新のF4の方が解像しそうだし、どうせ買うなら新しい方がいいのかなーという気持ちもあります。

2.8の最新だったら迷わず買っていたんですけどね。あ、それと今回のEF16-35mm F4LにはIS(手ぶれ補正)がついていましたね。

広角でISが必要かと言われたら、まあないよりはいいかなと思っています。普段から三脚を使用している人だったらいらないのかもしれませんが、僕は基本的には手持ちでガンガン移動しながらサクサク撮っていくので、ISはあるに越した事はないですね。

キヤノンのページには「画面隅々までシャープでクリアな高画質」という文字も書かれているので、やっぱりF4を買った方がいいのかなーと思い始めてきました。

とりあえずもう少し考えてみようかと思います。まあどのみち発売は6月中旬ですので、まだ時間はありますもんね。他にも欲しいレンズがいくつかあるので、もしかすればそっちを先に買うかもしれません。

いずれにせよ、最新のレンズは画質や周辺部分も大きく改善されていると思うので、気持ち的には16-35mm F4Lを購入して風景専用レンズとして使っていこうかなーと思っています。

あ、そういえばF4の光条ってどんな形なんですかね?

個人的にはF2.8みたいな光条が好きなんですが、実際のところどんな感じになるんでしょうか。

ちなみに絞り羽根の枚数を調べてみたら、F2.8が7枚でF4が9枚になっていました。2枚ほど増えてますね。このあたりは実際のサンプルを見てみないと分かりませんね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ