咽喉頭異常感症(咽頭神経症・ヒステリー球)かもしれない

ここ数日、ずっと喉に違和感があることに悩んでおります。

なんというか、喉を押されている感じがするんです。他にも喉に異物が詰まっているように感じることもあります。

しかも酷く感じる時とあまり感じない時と差があるんですよね。

特に夜部屋に1人で何か作業をしている時に酷くなる傾向があります。逆に朝起きた時にはそんなに違和感を感じません。

また、食べ物や飲み物を飲み込む時には特に詰まっているように感じることはないんです。

ちょっと不思議ですよね。

というわけで、自分の症状と照らし合わせて調べてみることにしました。

そしたら、どうも咽喉頭異常感症というものにかかっているような気がしました。

ちなみに読み方は「いんこうとういじょうかんしょう」と読みます。

咽喉頭異常感症は他にも咽頭神経症やヒステリー球と呼ばれることもあります。ヒステリー球?とちょっと変わった名前がつけられていますよね。

調べていくと、どうやら精神的または心理的な要因が原因になっていることがあるとのこと。

これを聞いてビックリしました。なぜならちょうど今思い当たる節があるからです。

症状について

まず咽喉頭異常感症は具体的にはどういった症状があるのでしょうか。Wikipediaによると、以下のような症状が書かれています。

  • 喉に何かつまっている感じ/喉に何かがひっかかっている感じ/喉に塊りがある感じ
  • 喉が塞がる感じ
  • 喉の奥がはれている感じ
  • 喉がイガイガする
  • 胸がつかえる感じ

引用:咽喉頭異常感症 - Wikipediaより

僕自身の症状を整理してみると、以下のようになります。

  • 喉に違和感がある
  • 喉に何か詰まっている感じ
  • 喉が押されている感じ
  • 喉が締め付けられる感じ

なんとなく似ていますよね。

何が原因なのか?

じゃあ一体この咽喉頭異常感症は何が原因なのでしょうか。実は今のところはっきりとした原因は分かっていないみたいです。

検査をしてみたところで、特に異常が見られない人がけっこういるとのことなので、これはちょっと困りましたね。

しかし、喉に違和感があるのは確かなんですよね。まあ僕の場合まずは病院に行って見てもらってから判断した方がいいのかもしれませんが……。

考えられる大きな原因としては、精神(心理)的な要因が挙げられます。

ヒステリー球と呼ばれることから、そういった精神面からくる病気なのかもしれません。

特に咽喉頭異常感症と診断された人の中には、不安や緊張を強く抱えている人が多数含まれていたことから、恐らく僕の場合もこれが原因なんだろうなーと思います。

最近はちょっと自分の周りの環境も変わり始めたので、知らない内にストレスや不安が溜まっていたのかもしれません。

治療としてはとにかく不安や緊張を取り除いてあげることしかないのかなーと思います。

恐らく徐々にそういった環境にも慣れてくると思うので、少しずつ症状が和らいでいけばいいなーと思っています。

まさか不安や緊張が身体のこんなところにまで影響を与えているとは驚きですね。

とりあえず当分、夜は紅茶とか落ち着く飲み物を飲みながら、ゆったりと過ごすようにするつもりです。

瞑想や座禅なんかもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ