ユニフレームの「コーヒーバネット cute」が手間もかからず管理しやすそう

ここ最近は自宅でほぼ毎日コーヒーを淹れて飲んでいます。

一応、ちゃんと豆から挽いてプレスボトルで作っているんですが、飲み終わった後の掃除が怠くなってきました。

というのも、挽いた豆をそのまま排水溝に捨てるとすぐに詰まってしまうんですよね。

三角コーナーにネットをセットするといった方法もあるんですが、僕は三角コーナーをシンク内に置きたくないのでこれはちょっとできません。

そこで、もっと掃除や手間がかからないコーヒーの淹れ方を考えてみることにしました。

で、たぶん1番楽な方法は紙のフィルターかなーと思いました。ペーパーフィルターだったらそのままゴミ箱に捨てれるので手間がかかりませんよね。

あとはドリッパーとコップを洗うだけなので簡単です。

しかし、ドリッパーとコップの2つを毎回洗うのは、ちょっとめんどくさいですよね。

そこでドリッパーをユニフレーム(UNIFLAME)の「コーヒーバネット cute」にすればいいんじゃないかなーと思いました。

この製品は、バネのようなシンプルな作りになっているので洗う時は軽く水で流すだけでいいのでは?と考えています。(もちろんできればちゃんと洗いたいところですが……)

さらに普段使わない時は折りたたんでコンパクトに収納することもできるので、これだったら旅行にも持っていきやすいですね。使い方も簡単なところがいいなーと思います。

コーヒーバネットは軽く水洗いするだけとなると、あと残っているのはコップだけになりますよね。コップは普通に洗剤を使って洗うつもりですが、1個だけなのでそれほど手間もかかりません。

そんなわけで、ちょっと最近はこのやり方がいいなーと思うようになってきました。

たまに飲むくらいだったらプレスで作ってもいいのですが、さすがに毎日となるとできるだけ手間もかからず管理がしやすい方法にしたいですよね。

コーヒーバネットには専用フィルター(紙のタイプ)も販売されているので、後でセットで買ってみようかなぁと思っています。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ