MacでiPhone画面に表示されているKindle本をQuickTime Playerを使って読む方法

以前からMacでiPhone画面に表示されているKindle本を読みたいなーと思っていました。

ちなみにMacにもKindleアプリがあるのですが、日本だとどうも書籍を読むことができないらしく、非常に不便な状況です。

また先日、Kindle Cloud Reader(キンドルクラウドリーダー)がリリースされて、これでやっと読める!と思ったんですが、漫画や雑誌ならともかく、一般的な書籍が読めなかったりと、どうも満足いく結果に仕上がってない模様。

そんなわけで、Macで何とかしてKindleの書籍を読む方法はないかなーと思っていたところ、以下の記事を発見。

OS X Yosemiteの標準機能を使ってiPhoneのKindle漫画をMacで読んだり、iPhoneゲームのプレイ動画撮影を行う - 太陽がまぶしかったから

これはすごい……。

OS X YosemiteのQuickTime Player

どうやら、OS X YosemiteでQuickTime Playerを起動させてiPhoneとLightningケーブルで接続させるとiPhoneに表示されている画面を録画できるようになったみたいです。

つまりこの録画機能を使うことで、iPhoneに表示されている画面がMacで見れるようになるということです。

これはかなり便利な機能ですねー。iPhone操作を動画で撮りたい時なんかにも大活躍しそうです。

具体的なやり方としては、QuickTime Playerを起動して、上部メニューから「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択します。

そして録画ボタンの横に下矢印マークがあるので、それをクリックしてカメラの項目を自分のiPhoneに設定します。

QuickTime Playerで表示する

これで現在iPhoneに表示されている画面がそのままMacで表示されるようになります。

あとはiPhone側でKindleアプリを立ち上げて自分が読みたい書籍を開けばMacにも反映されます。

やり方がとても簡単なので、これから結構活用しそうです。特別なアプリやソフトを必要としないので、すぐに始められるのが素晴らしいですね。

iPhoneで画面を操作すればそのままMacでも同じ動作になるので、見ていて楽しいです。

とりあえずMacでKindle本を見たいなぁと思った時は、この方法で読もうと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ