Macの画面でメール通知をしない設定方法

Macを使っていると画面右上とかにメール通知が表示されることがありますよね。

たまに作業に集中していたりすると、その通知がとても煩わしく思うことがあるので今回はこのメール通知をしない設定方法をご紹介します。

通知スタイルを変更する

通知を非表示にするためには、まず設定アプリを起動します。そしてメニューから通知を選択します。

通知

左側に通知を設定したいアプリが並んでいるので、ここからメールを選び、右側にあるメールの通知スタイルを「なし」にします。

メールの通知スタイル

これでメールを受信した時に画面に通知が表示されることがなくなります。

仕事に集中したい時や余計なことに意識を持っていかれたくない時は、通知をしない設定にしておくといいでしょう。

ちなみに僕はメールクライアントはSparrowを使っているので、これの通知も「なし」にしています。

今回はメール通知をオフにするやり方でしたが、他にもEvernoteやDropboxなどの通知もしないようにできます。

通知の設定画面の左側に並んでいるアプリを指定すれば、右側から通知スタイルを変更することができるので、特定のアプリからの通知を消したい時には、ここから設定すればOKです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ