Google XML Sitemapsで赤いエラーメッセージ(警告文)が表示された時の対処法

WordPressの便利なプラグインであるGoogle XML Sitemapsで赤いエラーメッセージ(警告文)が表示されていたので、その対処法をメモしときます。

そもそもこれに気づいたのが、Googleウェブマスターツールを見ている時にサイトマップが反映されていなかったのがきっかけでした。

そこでサイトマップを送信しようと思い、xmlのURLを確認するためにWordPress管理画面からGoogle XML Sitemapsを開きました。

すると以下のような赤い文章が表示されていたのです。

いまだにsitemap.xmlかsitemap.xml.gzファイルがこのブログのディレクトリにあります。これ以上静的ファイルが使用されないようにこれらを削除するか自動的に削除を試みます。

えーと、何これ?

今まで見たことがなかった文だったのでちょっとビックリしました。

で、ちょっと調べてみたところ、どうもver4.0あたりから仕様が結構変わったみたいです。たぶんアップデートしたっきりで何も確認しなかったので今日まで発見されなかったんだと思います。

そんなわけで、次回からは何かのプラグインをアップデートしたらそのプラグインの管理画面をしっかりと確認しておこうと思いました。

「自動的に削除を試みます。」から静的ファイルを消す

今回の赤い警告文の意味は、おそらく今まで静的ファイルでサイトマップが作られていたのが、今回の仕様変更で動的に作成するようになるということだと思います。

なので「自動的に削除を試みます。」というリンクをクリックして静的ファイルを削減しました。

すると先ほどまで表示されていたエラーメッセージが消えてなくなりました。

というわけで、今後は動的にサイトマップが生成されていくと思います。何はともあれ無事解決してよかったです。

エラーメッセージが表示され続けているのは、なんだか精神衛生上よろしくないので、とりあえずはこれで安心しました。

その後は当初の目的であるウェブマスターツールにサイトマップのURLを送信して無事終了。

これでGoogleにちゃんとインデックスされるようになるでしょう。

今回僕はこのような対処をしましたが、静的のままにするか動的にするかの判断は自己責任だと思いますので、WordPressでGoogle XML Sitemapsをインストールしている方は、まずは1度確認してみるといいかと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ