ZOOM(ズーム)のiQ6とiQ7の違いは?iPhoneで高音質な録音をしたい!

ZOOM(ズーム)から販売されているiQ6とiQ7のどちらかを購入しようと悩んでいるんですが、この2つの違いがちょっと分かりづらいですね。

どちらもLightningコネクタに対応しているので、普段から使っているiPhone6 Plusには問題なく装着できそうです。

この製品の素晴らしいところは、何と言ってもそのサイズ感です。とてもコンパクトなサイズなので、普通にズボンやカバンのポケットに入れて持ち運ぶことができます。

手軽にiPhoneを本格的なリニアPCレコーダーにできたり、高音質なステレオサウンドで収録できたりするので、いろいろと活用したくなる場面が増えそうです。

特に僕はこれを使って自然の環境音なんかを録音したいなぁと思っています。

来年の1月に沖縄に行く予定なので、とりあえずそこで海の音なんかを収録してみたいですね。ゆったりとした波の音を高音質で録音したいです。

iQ6とiQ7の特徴

さて、iQ6とiQ7の違いについてなんですが、各製品の大きな特徴をまとめると以下のようになります。

iQ6iQ7
マイクロフォン XY ステレオマイク(90°/120°) MS ステレオマイク(90°/120°/M-S)
最大入力音圧 130dB SPL 120dB SPL
入力ゲイン -11 ~ +51dB +3 ~ +43dB
音質 44.1kHz/16bit, 48kHz/16bit 44.1kHz/16bit, 48kHz/16bit
寸法 61.1(W)× 30.6(D)× 53.1(H)mm 54.5(W)× 57.2(D)× 26.5(H)mm
重量 28.8g 30.5g

対応機種については両者ともに以下のようになっています。

  • iPhone 5
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPod touch(第5世代)
  • iPad(第4世代)
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad mini
  • iPad mini 2
  • iPad mini 3

最新のiPhone6やiPhone6 Plusにも対応しているのでよかったです。これで安心して購入することができます。

iQ6とiQ7の特徴で1番の違いは、やはりマイクですね。iQ6はXY ステレオマイクで、iQ7はMS ステレオマイクとなっています。

最大入力音圧や入力ゲインに関してはiQ6の方が性能が良いですね。音質に関してはどちらも変わりません。

寸法にも違いがありますが、これに関しては実際に手に持ってみないとなんとも言えませんね。形状によって持ちやすかったり持ちにくかったりしそうです。重量はiQ6の方がちょっとだけ軽いです。

ここまで見るとiQ6の方がいいかなーと思ってしまうんですが、実はiQ7には非常に使い勝手が良い機能が存在します。

それは動画撮影時の収録です。iQ7のマイクは回転させることができるので、常に左右正確なステレオ定位をキープすることが可能になるのです。

これは結構魅力的ですね。iPhoneを縦持ちでも横持ちでも最適なステレオ定位を維持することができるので、ビデオ撮影を多用する人で尚且つ高音質で録音したいという人は、iQ7を選んでおくのが無難だと思います。

ただ、個人的にはこれを装着して動画撮影をすることはあまりなさそうなんですよねぇ。あくまでもメインは「音」なので、そう考えると入力系の数値が良いiQ6の方が自分の用途としては合っている気がします。

あとちょっとだけ軽いっていうのも良いですね。それと、これは個人的な主観になってしまいますが、単純にデザインがiQ6の方がカッコイイ!

これ結構重要ですよね。だって自分が気に入っているガジェットって自然と使用頻度も高くなりますし、使用時のモチベーションも違います。

モチベーションが違えば収録できる音の種類や数も増えてきそうですからね。

そんなわけで、とりあえず現時点ではiQ6を購入しようかなーと考えています。

どちらを選んだにせよ、iPhoneでクオリティの高いサウンドを収録することができるので、手軽に取り付けてサクッと録音したい方にはとても優れたガジェットだと思います。

ちなみにメーカー希望小売価格はどちらも10,800円(税抜)となっています。値段が約1万円なので、比較的購入しやすい価格帯といったところではないでしょうか。

この先いろんな場所に出向いて、気軽に様々な音を収録したいと思っている方は、1つ持っておいて損はないアイテムですね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ