iPhoneカメラを縦で持ちながら横長の写真を撮れるアプリ「HiVideoS」

HiVideoS

iPhoneカメラで撮影する時って縦に持つと縦長の写真になり横に持つと横長の写真になりますよね。

これはこれで直感的に分かりやすくてすごくいいのですが、たまにiPhoneを横に持って撮影するのが恥ずかしい場面がありますよね。

例えば、どこかのレストランで料理を撮影する時なんかは、周りに人がたくさんいたりすると少し抵抗感があります。

iPhoneを横持ちすると明らかに「写真撮ってるな〜」感が出てしまうので、こういった場所ではできるだけ縦に持って撮りたいのが正直なところ。

しかし、iPhoneを縦に持ってしまうと縦長の写真になるので、横長にしたい方にはちょっと不便です。

なのでそんな時に役立つアプリが「HiVideoS」です。

このアプリを使うとiPhoneを縦で持ちながら横長の写真が撮れるので、とっても便利。実際の使用中の画像はこちら↓

使用中のHiVideoS

写真以外にもビデオ動画を撮ることも可能です。iPhone縦持ちなら片手でも操作しやすいので、気軽に横長の写真や動画を撮ることができます。

無料だけどアプリ内課金がある

また、現時点ではHiVideoSは無料でダウンロードできるのですが、アプリ内課金があります。200円(記事執筆時点)かかるんですが、有料アップデートをすることで以下の3つの機能が追加されます。

  • アプリ内の広告が非表示
  • ビデオズーム
  • 写真高解像度

僕は写真高解像度が欲しかったので課金しました。ちなみに僕はiPhone6 Plusを使っているんですが、デフォルトで撮れる(無料版の方)写真の最大サイズは1920×1080でした。

これが有料アップデートすることで、2448×1378で撮影できるようになります。

写真のサイズについて

なので、解像度がこんなに必要ない(広告非表示とビデオズームも)方は無料版のままでも充分ではないでしょうか?

あと上記のサイズはあくまで写真の場合です。ビデオサイズだとまたちょっと違うサイズになっているのでご注意ください。

そんなわけで、iPhoneを縦持ちしながら横長の画像を撮りたい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ