Duet DisplayでiPadをMacのサブディスプレイに!タッチ操作での使い方もOK!

Duet Displayというアプリがものすごく便利そうだったのでご紹介します。

iPadをMacのサブディスプレイとして使うことができ、さらにタッチ操作といった使い方もOKとのことで、これは素晴らしいアプリだと思います。

Macを普段から使われている方には嬉しいニュースですね。新しい可能性が開けてきそうな感じです。

ちなみにこのDuet Display、元AppleエンジニアであるRahul Dewan氏が開発しているということでアプリのクオリティにも期待できます。

Lightningケーブルでつながれたセカンドモニター

MacとLightningケーブルで直接つなぐのが大きな特徴で、これによりワイヤレスよりもタイムラグが少なくなるので使用中のストレスも軽減されます。

また、iPadを横向きでも縦向きでも使うことができるので、かなり実用的なセカンドモニターとして機能しそうですね〜。

ここ最近はずっとMacBook Air 11インチで作業しているんですが、やはり画面が小さいので作業領域が足りないなーと思うことがしばしばあります。

なのでDuet Displayがリリースされたら以前購入したiPad Air 2をサブディスプレイ化してみようかなーと思っています。

RetinaディスプレイなのでMacBook Airよりも画面が綺麗ですからね。作業領域も広くなるので、効率的に作業が捗りそうな気がします。

動画もありましたので気になる方はチェックしてみてください↓

もちろんiPadのメインの使い方はタブレットなので、セカンドモニターのためにiPadを購入するという選択肢はなさそうですが、普段MacBookを使っていてちょっと作業領域を増やしたいなって時にサクッと外部モニター代わりにできるという手軽さはかなり良いと思います。

そんなわけで、日頃からiPadをフル活用している方からiPadを持っているけど最近使わなくなったという方まで、色んな方に役立つアプリですね。

Duet Displayは近いうち公開とのことなので、今からとても楽しみなアプリの1つです。

Duet Display App Turns iPad Into Second Screen - Business Insider

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ