Macの計算機アプリで千の位の区切り記号(コンマ)を表示させる設定方法

Macの計算機アプリ

Macで何かを計算する時いくつか選択肢があるわけですが、僕は大体Macにデフォルトでインストールされている計算機アプリを使用します。

最初から入っているというのが1番の理由かもしれませんが、もう1つすごく重要な機能が存在します。

それは「千の位の区切り記号」が表示できることです。これ、意外と他の計算機アプリになかったりする機能なんですよね。

所謂、数字にコンマが入っているかいないかの微々たる違いなわけなんですが、このコンマがあるおかげで大きな数字を見る時に、いちいち「一、十、百、千、万……」と数えなくて済むのでだいぶ助かります。

しかし、Macの計算機アプリはデフォルトの設定だとコンマが非表示になっています。

というわけで、千の位の区切り記号を表示させる設定方法をご紹介します。

計算機アプリを起動したら、画面上部にある「表示」をクリックします。するとその中に「千の位の区切り記号を表示」という項目があるので、これにチェックをつけます。

千の位の区切り記号を表示

これで以下のように千の位にコンマが表示されるようになりました。こっちの方が見やすくて便利ですね。

千の位にコンマが表示

Macを使われている方で、数字がコンマで区切られた計算機を使いたい!って方は是非ためしてみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ