長谷園 かまどさん(二合炊き)の土鍋で美味しいご飯や玄米を食べたい

自宅で使っている炊飯器が水漏れ、というか蒸気漏れがひどくてそろそろ新しいものを購入しようと考えています。

とにかく美味しいご飯が食べたいという一心で、いろんな炊飯器を見てみたんですが、いまひとつグッと来るものがありませんでした。何より良い炊飯器は結構値段も高いんですよね。

そんなわけで、割と手頃な価格帯でご飯を美味しく炊けるものはないか探してみたところ、最終的に行き着いたのが「土鍋」でした。

とにかく土鍋で炊くご飯というのは、すごく美味しいらしいです。

土鍋にもたくさん種類があるんですが、どれも価格がそんなに高くないんですよね。高くても1万円前後くらいといった感じです。安いのだと2,000円台のものもあります。

中でも個人的に気に入ったのが「長谷園 かまどさん(二合炊き) 」です。

グッドデザイン賞の受賞歴があり、愛用している方もたくさんいるんだとか。これはかなり期待できそうな土鍋ですね。

火加減なしで使い方が簡単!ふっくらしたご飯を炊ける

土鍋でご飯を炊くと聞くと「なんだか難しそうだなぁ」と思う方がたくさんいるかと思います。

僕も最初はそのように思っていました。特に火の強弱のつけ方や炊く時間調節などは、プロじゃないと上手くいかないのでは?と考えていたのです。

しかし、意外にもこの土鍋の使い方は簡単で火加減なしで炊くことができるとのこと。これだったら割と簡単に誰でも作れそうですよね。

単純にただご飯を炊くだけでは物足りないと感じる方は長谷園「かまどさん」の美味レシピを読んでみるのもいいでしょう。

遠赤外線効果が高くお米の芯まで熱が通る

美味しいご飯ができる秘密は、遠赤外線効果の高い釉薬が使われているからです。これにより、お米の芯までしっかりと熱が通るので「ふっくら」したご飯に炊き上げることができます。

また、火を切ったあとに沸騰しながら蒸らすので保温効果も良好です。

フタは二重蓋構造になっており、吹きこぼれ防止にも役立っています。これは使う側にとっては非常に嬉しいメリットですね。

白米の他に玄米も土鍋で炊くことができる

かまどさんの土鍋では白米の他に玄米も美味しく炊くことができます。

玄米は僕もよく食べているので、これはとても嬉しいです。玄米に慣れてくると白米だとちょっと物足りなくなってくるんですよね。

噛んでいても玄米だとお米の味がしっかりと出てくるので、今後もどちらかというと白米より玄米を食べる方が多いと思います。

今使っている炊飯器は玄米専用のスイッチとかもなく、炊き上がりがイマイチなので、かまどさんを買ったら今より美味しい玄米を食べることができそうです。

ちなみに炊き上げ時間を1時間延長させることで「おこげ」を作ることもできるみたいなので、いろいろと使い方次第で楽しめそうですね。

価格やサイズなど

最後に、かまどさんの各種類の価格、サイズ、重量などのスペックをご紹介します。僕は二合炊きタイプを購入する予定ですが、他のサイズも用意されています。

一合炊き
CT-02
6,000円(税抜) φ18.5×h13.5cm 600ml 2kg
二合炊き
CT-03
7,500円(税抜) φ21×h16cm 1000ml 3kg
三合炊き
CT-01
10,000円(税抜) φ24×h18cm 1500ml 3.6kg
五合炊き
CT-50
18,000円(税抜) φ26×h21cm 2500ml 5kg

コンパクトさを求めるなら一合炊きの方がいいかもしれませんね。ただ一合だと茶碗に軽く2杯分くらいなので、個人的には少し足りないかな?と思います。

1日に何回も炊くのはちょっと大変ですからね。

あとこのしゃもじがすごくカッコイイので一緒に使おうかなーと画策中です。

そんなわけで、来年からは長谷園の「かまどさん」で毎日美味しいご飯を食べようと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ