クイックルワイパーのハンディ本体(伸び縮みタイプ)が価格も安くてオススメ!

クイックルワイパーのハンディ本体(伸び縮みタイプ)

エアコンや冷蔵庫といった高い位置にある場所を掃除したかったのでクイックルワイパーのハンディ本体を購入してみました。

伸び縮みするタイプなんですが、これ価格も結構安いので気軽に購入することができます。

箱から取り出して、ふわふわキャッチャーを取り付けたら、あとは角度や長さを目的の場所の位置に合わせて調節するだけという手軽さです。

注意したいのが、先っぽを曲げる時はボタンを押しながらやるということです。僕はボタンに気づかずそのまま無理矢理バキバキっと曲げてしまいました。

まあ特に壊れたりはしなかったのでよかったんですが、何度もやっていたら壊れるかもしれないので、早めに気づけばよかったと思っています。

ゴミの絡まり具合は非常にいい感じで、特に以前から気になっていたエアコンの上がかなり綺麗になりました。

結構ホコリが溜まっていたので、これからは定期的にクイックルワイパーのハンディで掃除していこうかと思います。

もちろん冷蔵庫の上もですね。やっぱり伸び縮みするというのは便利ですねー。椅子や机に上がって掃除するのは面倒くさいですし、転倒するリスクもあるので、こういった便利グッツを使うのが一番楽で効率的です。

高い所の他にも、手が届かない狭い隙間にも良いですよ。あと部屋の隅っこやコンセント周りといったホコリが溜まりやすい場所にもオススメです。

かなり小さな隙間にも入っていくので、すごく気に入りました。もっと早くから購入しておけばよかったなーと思いました。

床掃除用のクイックルワイパーは昔から使っていたんですが、ハンディタイプはまだ使ったことがありませんでした。ホコリを上手くキャッチしたいなら、こっちの方が便利ですね。ただし大きな面積に使うのはちょっと微妙です。

その場合は一般的な床用のクイックルワイパーの方がいいでしょう。それと併用して隙間や高い所をこの伸び縮みするハンディタイプで補うのが一番ベストだと思います。

クイックルワイパーは掃除機みたいに電気を使わなくてもいいので、節電にもなるので経済的です。

もちろんダニとかをしっかりと取るなら掃除機をかけなきゃダメといった意見もあるので、たまには掃除機をかけた方がいいかもしれませんが、クイックルワイパーで事足りるならそれだけで終わらせたいですよね。

このハンディタイプもそうなんですが、掃除を決意するまでの敷居がかなり低くなります。掃除機だと、けっこう気合を入れないと中々だせないじゃないですか。けれどクイックルワイパーなら基本的にその辺に置いておけばちょっと気がついた時にササッと掃除することができちゃう。

こういった日常生活での「手軽さ」ってすごく大事ですよね。

細かい場所はこれ一本で大体まかなえるのでオススメですよ。360℃全面でホコリをキャッチしてくれるので、ほんとによく取れます。

というわけで、高い所や隙間をできるだけ手間をかけずに簡単に掃除したいと思っている方は是非試してみてください。

アマゾンでの絶賛ぶりが凄いw

取り替え用もしっかりと用意されていますね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ