EIZOのColorEdge CX271とMacを組み合わせて使いたい

ColorEdge CX271とMac

現在MacBook Proが故障しているということもあり、メインPCがMacBook Airになっています。

ブログを更新するだけなら特に問題ないのですが、画像や動画を編集するとなるとやはり画面サイズが小さすぎる……(ちなみに11インチです。)

中でも1番活用するのがLightroomなんですが、画面が小さいせいで効率が下がったりとレタッチにはホント向いてないなぁと思っています。

そんなわけで、せめてディスプレイだけでもまともなやつが欲しいなーと思っています。

ディスプレイ候補はたくさんありますが、中でも個人的に気になるのがEIZOのColorEdge CX271。上位モデルのCG277もアリかなーと思ったんですが、値段が結構高いので却下。

キャリブレーション内蔵はとても魅力的なんですけどね〜。

全部で3つのモデルがある

ColorEdge CX271には全部で3つのモデルが用意されています。以下がその3種類。

  • CX271-CNX
  • CX271-CN
  • CX271

違いはColorNavigatorやキャリブレーションセンサー(EX2)などが付いてくるかどうかといったところ。詳しくは以下に書かれています。

ColorEdge CX271

さて、この3モデルならどれを買うかが悩みどころですね。個人的にはセンサーはX-Riteのi1Display Proを使ってみたいなーと思っているので、たぶんCX271-CNかな?

CX271以外にもMacBookもキャリブレーションしてみたいという気持ちもあるんですよね。長年使っているとどうしても色がズレてくるみたいなので。

あと今後新しいMacBook Proも購入する予定なので、それにも使うことができそうですからね。

ディスプレイの他にもこの先わざわざMacBook Proを購入するならiMac Retina 5Kを買った方がコスパ的にはいいような気もするんですが、実はこの辺りは今もかなり悩んでいるところでして、おそらく4KディスプレイとiMac Retina 5Kでどちらにするか悩んでいる人は結構いるかと思います。今後の自分の使用スタイルをしっかりと見極めた上で判断していきたいですね。

ともあれCX271はAdobe RGBカバー率99%でIPSパネルなので画像や動画を扱う方にはかなり良い製品だと思います。

ちなみにIPSパネルはモニター画面がぎらつきにくいのでレタッチするには最適なパネルです。画面を様々な角度から見ても色変化がしにくいという特徴もあります。

CX271はレビューも素晴らしいので、とりあえず今のところ第一候補として考えています。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ