シグマ 50mm F1.4 DG HSM(Art)を風景やポートレートに使いたい

シグマ 50mm F1.4 DG HSM

ここ最近気になるレンズの一つにシグマのArtラインの「50mm F1.4 DG HSM」があります。

このレンズの評判はかなり良くて、特に解像度がものすごく良いみたいです。その上ボケ味も美しいということで、かなりクオリティの高いレンズだなーと思っています。

で、実際にいくつかサンプルを見てみたんですが、確かにキレキレの解像度&ボケも自然な感じですごくよかったです。

あと個人的に1番いいなと思ったのが玉ボケです。これが予想以上にすごく綺麗でビックリしました。どうやら円形絞り(9枚羽根)を採用しているみたいですね。

50mmという標準域なので風景からポートレートまで幅広く活用できるのがいいですねぇ。あとF1.4とかなり明るいので夜間の撮影にも役立ちます。

また、このレンズはフレアやゴーストにも強いと言われています。レンズ設計の初期段階からこれらの対策が施されているので、光源を入れた撮影や逆光時の撮影などにはとても心強いですね。

僕は逆光写真がとても好きでよく撮るので、フレアやゴーストに強いレンズにとても魅力を感じてしまいます。

あともう一点嬉しい特徴があります。それは最短撮影距離が40cmと割と寄れることです。寄れるレンズってすごくいいですよね。

キヤノンのEF50mmと比較

ちなみにキヤノンの3種類あるEF50mmレンズの最短撮影距離と比較してみると次のようになります。

  • EF50mm F1.2L USM → 45cm
  • EF50mm F1.4 USM → 45cm
  • EF50mm F1.8 II → 45cm
  • シグマ 50mm F1.4 DG HSM → 40cm

キヤノンは全部45cm(0.45m)なので、少しでも被写体に寄って撮影したい場合はシグマの50mm F1.4 DG HSMの方がよさそうです。

色々と素晴らしい性能を誇るシグマの50mmですが、唯一気になるのは、その高い描写性能がゆえの重さでしょうか。全長も結構あるので「気軽にスナップ撮影」するには難しいかもしれませんね。

こちらもキヤノンのEF50mmと比較してみました。

質量最大径×全長
EF50mm F1.2L USM 590g φ85.8mm×65.5mm
EF50mm F1.4 USM 290g φ73.8mm×50.5mm
EF50mm F1.8 II 130g φ68.2mm×41mm
シグマ 50mm F1.4 DG HSM 815g φ85.4mm×99.9mm

こう見ると「重さ」と「長さ」が結構あるのがよく分かりますね。

ちなみにキヤノンの標準ズームレンズ「EF24-70mm F2.8L II USM」の重さが805gなので、これよりも少し重くなります。

それが許容範囲の方は買って損はないレンズかもしれませんね。

この辺りはサイズや重さと描写性能のバランスが難しいところなので、自分の撮影スタイルをしっかりと考えた上でどれにするか決めたいと思っています。

それにしてもこの解像度は素晴らしいなぁと思います。これだけの写りをするにもかかわらず値段も割と安価なのがいいですね。質感も画像を見る限りすごくよさそうなので、単純に「モノ」としての所有欲を充分に満たしてくれるレンズだと思います。

ほんと最近は魅力的なレンズが多すぎて困りますw

以下はキヤノン用です↓

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ