カメラのレンズ交換を簡単・安全にできるGoWingのレンズホルダー

GoWingのレンズホルダーという素晴らしい製品を発見したのでご紹介します。

これ、デジタル一眼レフカメラのレンズ交換をする時に素早く簡単に、そして安全に交換することができるとっても便利な製品です。

両面にレンズを装着できるようになっていて、通常は片方にレンズを取り付けた状態で首からぶら下げて持ち運びます。

で、レンズ交換したくなったらカメラからレンズを取り外してレンズホルダーに装着し、新しいレンズをレンズホルダーから取り外してカメラに装着するという流れです。

動画もあったのでご覧ください。

僕が「コレすごくいい!」と思った一番の理由は「立ちながら交換できる」ところです。

毎回ベンチや地面にカバンを置いてからレンズ交換していたんですが、正直かなりめんどくさいんですよね。その度にしゃがみ込んだりするのもしんどくて……。

なのでこのレンズホルダーを首に下げておけばその場で瞬時にレンズ交換できるのでとても便利だなーと思います。

GoWingレンズホルダーのマウントの種類

GoWingレンズホルダーが対応しているマウントの種類は下記になります。

  • キヤノン(EF-S、EFマウント)
  • ニコン(Fマウント)
  • ソニー(Aマウント)
  • ソニー(Eマウント)

もう少し種類を増やしてくれるともっと喜ばれそうですね。

レンズホルダーにはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもそれなりにあると思っています。

個人的に感じるデメリットはこんな感じ。

  • レンズを常にぶら下げているのでぶつけてしまう可能性がある
  • カメラからレンズを外した時にセンサーにゴミがつきやすそう
  • 機動力が落ちる、細かい動きがしづらい
  • カバンの金具とかに常に接触してそう
  • 見た目的にちょっとダサい

もちろん人によってはこれらをデメリットとして感じない方もいるかと思います。ただ、僕としてはこの辺りが少し悩みどころですねぇ。

上記のデメリットが許容範囲の方にとっては本当に便利なアイテムになると思います。

コンパクトなレンズなら「アリ」なんですが、望遠レンズなどレンズのサイズがデカくなればなるほど「ジャマ」だし「ぶつけるリスク」も高まってきそうですよねぇ。

そしてデカいレンズほど高かったりするわけで……。

とりあえず購入するかどうかはもう少し考えてみることにします。

ともあれ、レンズをこれほどまで簡単に交換できるアイテムはなかなかないので、これはこれですごくナイスなアイディアだなーと思います。 気になる方は是非チェックしてみてください。

↓ 以下はキヤノン用(EF-S、EFマウント)

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ