コンパクトで三脚代わりにもなるシルイの一脚「P-326S、P-426S」

シルイの一脚「P-326S、P-426S」

三脚を持って行きたいけどできる限り荷物は少なめにしたい時ってありますよね。そんな時にピッタリのアイテムがシルイの三脚代わりにもなる一脚「P-326S、P-426S」です。

基本的には一脚なんですけど下部にスタンドが付いていて、これを広げると三脚のように自立させることができます。

この手の製品は最近ちょっと注目していて、登山とかにすごくよさそうだなーと思っています。

特に機材を持って長時間歩かなきゃいけない時って、どうしても三脚が邪魔に感じちゃうんですよね。カバンの中にも入れづらいですし……。

しかし、一脚だったらとてもシンプルでコンパクトなのでカバンにもすんなり入りそうですよね。

しかも軽いので長時間歩く必要がある撮影にはピッタリです。

シルイのPSシリーズの一脚にはいくつか種類があるんですが、今回新しく登場した「P-326S、P-426S」は従来モデルよりも短く収納することができます。

今までは段数が4段でしたがこれが6段になったので、この辺りがサイズに大きな影響を与えたと思っています。

6段になることで、フルに伸ばす時の手間は増えそうな気はしますが、そのぶん短くすることができるので個人的にはこっちのメリットの方がデカイですね。

僕にとって一脚が必要なシーンとは「できるだけ荷物を軽くしたい」ことが大きな目的になるので「コンパクト」や「軽量」といった特徴は非常に嬉しいところです。

また、ただ軽くて小さいだけではダメで、やはり実用的な使いやすさを満たしていることが非常に重要だと思います。

例えば、このシルイの「P-326S、P-426S」は360度水平回転させることができるので、これによりパン撮影が可能になります。

これって動画撮影する上ではとても便利ですよね。

他にも三脚部分が外れるようになっていて、取り外した三脚にカメラをセットすればテーブル三脚としても使うことができます。

屋外なら地面に咲いている花をマクロで撮る時なんかに使えそうですよね。日によっては三脚部分を取り外して一脚のみで行く、なんてこともできますからね。色々と応用が利く製品だと思います。

そんなわけで、この一脚を持っていくだけで撮影スタイルの幅が広がるのでとても魅力を感じています。

あとデザインも個人的にすごくカッコイイと思います。ブラックに薄めのブルーがいい感じに映えますね。

夏も徐々に近づきつつあるこの季節、山や海などのアウトドアの準備として新しい一脚なんて、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ