iPhoneに装着して一眼レフ並みの写真撮影ができるポケットサイズの「DxO ONE」

DxO ONE

DxOがiPhoneにダイレクトに接続して一眼レフ並みの写真撮影ができる「DxO ONE」を発表しました。

プレスリリース

これはかなり未来感あふれるガジェットで期待できそうですね。ポケットサイズでかなりコンパクトですが、なんとこれに1インチセンサーとf1.8レンズが搭載されているんだから驚きの一言です。

有効画素数は2020万画素、重量はたったの108gとなっています。

iPhoneへの取り付けはLightningコネクタを使用します。なのでDxO ONEをiPhoneへそのままダイレクトに装着することが可能です。

レンズがf1.8なのでボケ味を重視した写真も簡単に撮影できそうですね。ポートレートにはもってこいです。

また、無料のiOSアプリを使うことで様々な設定を自分でコントロールすることができます。

iPhone純正カメラだと自分でf値やシャッタースピードを決めることはできませんが、DxO ONEと専用アプリを使えば、絞り値(f1.8〜11)、シャッタースピード(15s〜1/8000s)、ISO(100〜51200)などを設定することができます。

デジイチライクな操作をしながら写真撮影をしたい方にはピッタリですね。

他にも1080p/30fps、720p/120fpsでのビデオ撮影もできるので、これ1台あればかなりクオリティの高い写真や動画が撮れちゃいます。

保存されるデータは内臓しているmicroSDメモリーカードに加えて、iOSのカメラロールにも直接保存することができるので、取り扱いにもとても便利ですね。

デフォルトでRAWファイルを自動的に保存するとのことなので、家に帰ってからじっくり現像したい方にとってもピッタリです。

価格は79,900円とさすがに安くはないですが、1インチセンサーにf1.8のレンズがこれだけのサイズに収まるんですから、荷物を最小限にしたい方にとってはかなり魅力的な製品になるのではないでしょうか?

また、普段デジイチやミラーレスを使っている方はサブ機にコンデジを持ち歩く場合が多いと思いますが、これからはDxO ONEのようなものがサブ機もしくはバックアップ用カメラとして使われるんじゃないかなーと思っています。

オフィシャルサイトにサンプル画像が載っていますが、ホントiPhoneとこんな小さなガジェットでここまでの写真が撮れるようになってきたんだなーとビックリしちゃいました。

これをポケットに入れて「手ぶら」でスナップ写真なんかを撮りに行きたいですね。

DSLR Quality Camera in Your Pocket | DxO ONE | www.dxo.com

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ