4K動画や960fpsスーパースローモーション映像が撮れるソニーの「RX100M4」

RX100M4

最近発表されたソニーの「RX100M4」がとても良さそうですね。

サイズやデザインに関しては従来のRX100M3を踏襲していますが、新たに加わった4K動画や最大960fpsスーパースローモーション機能が最大の特徴となっています。

例えば、わずか2秒(960fps)を80秒(40倍)のスローモーション映像で撮ることが可能になります。

これはおもしろい機能を搭載してきましたね。鳥の飛び立つ瞬間など肉眼ではなかなか捉えることができない映像を撮ることができます。

また、4K動画(3840×2160)の撮影可能時間は約5分になります。RX100M4と同時に発表されたRX10M2は最大約29分なので、カメラ本体のサイズは大きくなってしまいますが、長時間4K動画を記録したい方はRX10M2の方がよさそうですね。

それにしてもRX100M4はこのサイズで4K動画が手軽に撮影できるので、これはかなり魅力的です。

時代が4Kに移行していくのは時間の問題ですし、それだったら早い内からいろんな場所に行って4Kで記録しておいた方があとあと見返す時にも綺麗な映像で観れますからね。

それともう1つ嬉しい特徴が、最高1/32000秒の高速シャッターを利用できるようになったことです。

レンズがF1.8-2.8と明るいので、屋外の明るい状況下で背景をボカして(開放)撮りたい時なんかに白飛びを抑えてくれます。

僕は現在RX100M3を持っているんですが、撮影していると露出が明るめに撮れてしまうことが多く(特に晴天時の青空など)、この辺りも改善されているといいなーと思っています。

ともあれ、RX100M4の最大の魅力はなんといっても超コンパクトなサイズ感なので、「荷物を極限まで軽くしたいけど写真や動画のクオリティは妥協したくない」という方にはピッタリです。

4K動画まで撮れるようになったので、これから始まる夏の旅行シーズンには是非RX100M4を持って出かけたいですね。

ちなみに960fpsスーパースローモーション映像はClass10以上のSDXCカードが必要になるので合わせて用意しておきたいところです。

Class10に対応した大容量256GBのソニー製SDXCメモリーカード「SF-256UY2」が7月15日に発売予定なので、これを買っておけば安心ですね。

というか256GBってすごいなあ。これなら4K動画もたっぷり撮れそうです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ