Carl Zeiss(カール ツァイス)のBatis 2/25 広角レンズ

Carl Zeiss(カール ツァイス)がEマウント用の単焦点レンズ「Batis 2/25」と「Batisi 1.8/85」を国内で正式発表しました。

どちらもかなり魅力的なレンズですが、個人的には広角レンズのBatis 2/25がすごく気になっています。

Batis 2/25 | ZEISS 日本

24mm付近の焦点距離が1番好きということもあり、これはかなり使ってみたいです。合焦距離と被写界深度を有機ELディスプレイで確認できるところも最先端っぽくていいですね。

普段24-70mmの標準レンズをメインに使っているんですが、F2.8のズームということもあり、重さがかなり気になっているんですよね。

たぶん1番使用頻度が高い焦点距離が24〜25mmくらいだと思うので、それだったらいっそのこと軽くてコンパクトな単焦点レンズにした方が使い勝手もいいのかな?と思うようになってきました。

ソニーのa7R2と組み合われば全画素超解像ズームも使用できるわけで、そうすればある程度の焦点距離もカバーできるような気がします。

ただ、全画素超解像ズームは確かRAWでの撮影ができなかった(JPGEのみ?)と思うので、その点に関してが少し気になるところです。

といっても聞くところによるとソニーのJPEG(所謂撮って出し)はかなり出来がいいみたいなので、あまり心配する必要もないのかなーとも思っています。

もちろん自分で使ってみないことには何とも言えませんが、写真の用途がほぼWeb内だけで完結している自分としては、RAWにどうしても拘る必要はないような気がします。

このBatis 2/25というレンズは重量が335gと非常に軽量&コンパクトでありながら、F値が2とかなり明るいのが特徴です。

ちなみに今メインで使っているEF24-70mmの重さは805g……。ズームなのでしょうがないのですが、このレンズよりも半分以上軽くなって、尚且つF値も明るくなるんだったら、かなり魅力的ですよね。

で、全画素超解像ズームと組み合わせると……。

最近はカメラの解像度もかなり上がっているので、Webがメインの用途なら今後はズームを使う頻度もかなり少なくなっていくような気がします。望遠レンズもできればもう持ち歩きたくないんですよね。

a7r2の発売日も近づいてきたせいか、そろそろ本気でキヤノンからソニーへシステムを移行したくなってきました。

SEL35F14ZやSEL90M28Gなど最近のEマウント用レンズはとても魅力的な製品が増えてきましたからね。

とりあえず現時点で考えている自分の理想の組み合わせは「a7r2 + Batis 2/25」です。

当分は上記の組み合わせをメインに使っていきたいなーと思っています。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ