Apple Watchを枕元に置きたくなるナイトスタンドモード対応のSpigen充電スタンド「S350」

SpigenのApple Watch充電スタンド「S350」

今年の秋登場のApple WatchのwatichOS2の機能の内の一つ「ナイトスタンドモード」に対応した素敵な充電スタンドを発見したのでメモがてらご紹介します。

というか、たぶんこれ買う。

現在はデスク上に置いてあるmophieの充電スタンドでApple Watchを充電してるんですが、最近は枕元にApple Watchがあるといろいろと便利だろうなあと思うようになってきました。

ただ、今の時点ではまだ機能的に不十分なのでwatichOS2を搭載してから枕元で充電しようと思っています。

というのも、ナイトスタンドモードが非常に便利そうなんですよね。

目覚まし時計代わりにもなるナイトスタンドモードの機能について

どういう機能かというと、以前もちらっとお話しましたがApple Watchを横向きに置いて充電ケーブルをつなぐと画面もそれに合わせて横向きで表示されるようになります。

ナイトスタンドモードになるとボタンの機能も変わり「目覚まし時計」に特化して使えるようになります。

アラームが鳴った時にサイドボタンを押すとオフになり、デジタルクラウンを押すとスヌーズにすることができます。

マジでこれはもうミニ目覚まし時計といっても過言ではないですね。

これなら旅行や出張の時にも腕時計が目覚まし時計に早変わりするので、荷物も少なくなりますし一石二鳥ではないでしょうか?

で、こういったナイトスタンドモードで使うための便利な充電スタンドがSpigenの「S350」です。

まずこのスタンド、ヒッジョーにコンパクトです。一般的に見る充電スタンドって縦に長く全体的にデカいイメージがあります。

ぶっちゃけこの手のスタンドを旅行に持っていくという人はほとんどいないんじゃないでしょうか。

そんな中、Spigenの「S350」は「横向き」に置くことを前提に作られているので、高さがない分コンパクトなサイズ感になっています。

これだったら旅行や出張に持って行く際にも「わざわざケーブルを充電スタンドから外さなくてもいい」ので実にラクチンです。

前回旅行した時に感じたのが、充電スタンドからケーブルを外すのがかなりめんどくさかったんですよね。

しかも帰ってきたら今度は逆にセットしなきゃいけません。コレ結構手間のかかる作業なんです。

そんなわけで、Spigenの「S350」ならサイズが小さい分そのままカバンに詰め込むことができるので、旅支度にかかる時間も短縮されると思います。

Spigen S350の性能

S350の性能的なお話をすると、まずスタンド底に特殊な粘着素材が使われているのでスタンドを固定してズレを防ぐことができます。

やはり使っていてあっちこっちズレたりするとストレスが溜まりますからね。特に目覚まし時計として枕元に置くなら安定していることは必須事項だと思います。

また、TPU素材を使用しており、Apple Watchの取り付け&取り外しの際、スリ傷がつくのを防いでくれるので、大事に扱いたい方にも安心して使うことができます。

Apple Watchは38mmと42mmどちらにも対応しているので、まだ充電スタンドを購入していない方は、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

特にこの秋登場予定のwatichOS2でナイトスタンドモードをガッツリ使う予定の方にはオススメの充電スタンドです。

Apple Watchを枕元に置いて目覚まし時計代わりに使いたいという方は、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ