Mac OS X El Capitanの日本語入力時のライブ変換を止める(無効)設定方法

Mac OS X El Capitanのライブ変換
Photo by: kevin dooley

MacのOS X El Capitanにアップデートしてから気になってしょうがないライブ変換。

日本語を入力していくと次々に勝手に変換されていくわけですが、最近少しだけ慣れてきました。とはいえ、やはり集中して長文を書く時には従来通りの環境で作業したいという方も多いと思います。

というわけで、今回はライブ変換を止める設定方法をご紹介します。

キーボードの入力ソースから中止できる

ライブ変換を中止させるには、まずシステム環境設定を開き、「キーボード」→「入力ソース」をクリックします。

すると、その中に「ライブ変換」という項目があるので、これのチェックを外せば無効になります。

ライブ変換を止める設定方法

とりあえず、ライブ変換の有効・無効をユーザー側で自由に選択できるので助かりました。先日まで「この機能はもう強制なんだろうな」と思っていたのでホッとひと安心。

まあでもせっかくこうした新しい機能が登場したわけですから、当分の間は使ってみるのもアリかなあと思っています。

もしかすると、この機能に慣れてきて手放せなくなる可能性も考えられますからね。

慣れたうえでライブ変換を継続して使っていくか使わないかを判断するのも遅くないと思うので、とりあえずちょっとこのまま使ってみようと思っています。

以上、OS X El Capitanのライブ変換を止める設定方法のご紹介でした。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ