ソニーのα7R IIに使うレリーズ(リモートコマンダー)「RM-VPR1」を購入

RM-VPR1

α7R IIで三脚を使って写真や動画を撮影する際のレリーズが欲しかったので、ソニー(SONY)のリモートコマンダー「RM-VPR1」を購入しました。

RMT-VP1Kと迷ったんですが、RM-VPR1の方がシンプルで使いやすいかな? と思い、こっちにしました。

コレとても便利なアイテムです。シャッターを切ったりバルブ撮影でのロックができることはもちろん、動画撮影時に役立つズーム機能も搭載されています。

手動だと一定のスピードでズームしづらいですが、RM-VPR1で機械的に動かすことでスムーズにズームイン/ズームアウトできます。これで動画撮影がかなり楽になりました。

また、最近は夜景や朝日など暗いシーンでの撮影が増えてきたので、三脚が必須になってきました。今までレリーズ代わりにセルフタイマーを使用していましたが、数秒待つ間にシャッターチャンスを逃したりする場面があったので、やはりレリーズは必要だと感じました。

例えば夜景で車の軌跡を撮るときに「ここだ」とシャッターを切ってもセルフタイマーだとそこから2秒後とかになってしまうので、シャッターを切ったあとにはすでに車が先まで進んでしまった、なんてことになります。

そのほか花火の撮影にも同じことがいえますよね。「シャッターボタンを直接押せばいいじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、あれ、押した瞬間にけっこう手ブレするんです。ましてや寒い冬の夜なんてただでさえ手が震えてしまいますからね。

そんなわけで、αシリーズのカメラを三脚に固定してしっかりと撮影したい方には、RM-VPR1はオススメです。動画撮影もするなら本当に役立つアイテムになるはず。

あと僕はRX100M3をサブカメラに使っているんですが、これにも使うことができます。

シャッターロック(バルブ撮影)もできるので、夜空や星空を撮影する際にシャッターを開けたままにしたいときにも役立ちます。

それから、スライド式で取りつけれるクリップも同梱されているのもうれしいですね。これをリモコンに装着すれば、三脚に挟んで固定できるので、より撮影がラクになります。

スライド式ということで、取り外しも簡単なので、静止画・動画ともに快適な撮影を楽しめます。

風景写真や動画がメインの方は、持っておいて損はないですよ。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ