コーヒー豆の粒度調整もできる!ポーレックスセラミック コーヒーミル(ミニ)

ポーレックスセラミック コーヒーミル(ミニ)

コーヒー豆を挽くときに愛用しているのが「ポーレックスセラミック コーヒーミル ミニ」です。

とてもコンパクトなサイズで旅行やアウトドアにも持ち運びしやすいのが気に入っています。もちろん自宅でもほぼ毎日活用中。電動ではなく手動なので、少し手間がかかりますが、そのぶん挽くスピードをコントロールできるし豆が削られていく感覚が手に伝わってくるので、「コーヒーを作っている感」を堪能できます(笑)

ミニは約2人分のコーヒー豆を挽ける

ポーレックスセラミック コーヒーミルには通常のサイズとミニサイズがあります。通常版は約30g(約3人分)、ミニ版は約20g(約2人分)のコーヒー豆を挽くことが可能です。

最大の特徴はセラミックの刃が使われていること。金属臭がない分、コーヒー本来の風味を楽しめるのがGoodです。

ほかにも摩擦がしにくかったりサビることもないので安心して使うことができます。

また、ポーレックスセラミック コーヒーミルには粒度を調節できる機能がついているので、細挽きや粗挽きなど好きな粒度でコーヒー豆を挽けます。

ここをクルクルと回すと豆の粗さが調整できます。

豆の粗さを調整できる

時計回りに締めていくと細かくなり、反時計回りに緩めていくと粗くなります。

回すといってもスムーズに回るのではなくて「カチ、カチ……」と一定の感覚でセットしていくような感じです。

ペーパーフィルター、ネルフィルター、プレスなど自分が使うコーヒー器具によって最適な粒度を見つけていきたいですね。

ステンレス製の本体、フタ、受け容器がとてもスタイリッシュでオシャレなのでインテリア性も抜群です。

ちなみにミニ版にはゴム製のハンドルホルダーがついているので、取り外したハンドルを差し込んで収納できます。携帯性を重視したい方にはミニがオススメです。

あとこのハンドルホルダーが滑り止めの役割も兼ねているので豆を挽くときにしっかりとグリップできるのが気に入っています。

ポーレックスセラミック コーヒーミルの手入れ方法

僕はめんどくさがり屋なので、あまり手入れをすることがないのですが、ポーレックスセラミック コーヒーミルはこのようにパーツを簡単に分解できるようになっています。

パーツを簡単に分解できる

今回はブログにアップするために久しぶりに分解掃除してみました!(笑)

セラミックの刃は水洗いOKなので衛生的ですね。歯ブラシなどを使えば効率よく掃除できますよ。

というわけで、挽きたてのコーヒーを飲みたい方は、ぜひポーレックスセラミック コーヒーミル ミニを試してみてはいかがでしょうか?

コーヒーはやっぱり挽きたてがおいしいですからね。自分で豆から挽いてコーヒーを淹れれば喜びもひとしお。

自宅はもちろん、旅先やアウトドアでもおいしいコーヒーを飲みたい方にはオススメです!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ