旅行撮影のおともに!サンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSD(480GB)

サンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSD

サンディスクからこのたび新たに発売されるポータビリティ性バツグンのSSD「サンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSD」がとてもよさそうですね。

サイズもコンパクトなうえにIP55に対応した防滴・防塵性能や高速な転送速度などアウトドアをはじめとしたハードな環境下でも安心して持ち運べるのがポイントです。

以下、具体的な特徴やスペックを見てみましょう。

特徴・スペック

最大の特徴は何といってもIP55に対応した防滴性と防塵性です。特に風景写真をメインとしているなら必ずしも撮影日が晴れているわけではありませんし、安全な場所ばかりとは限りませんからね。

さまざまな状況下でも安全にデータを保護してくれる安心感はとても重要なポイントになります。

ちなみに最大800Gの耐衝撃性能を保有しているところも素晴らしいですね。独自のゴム製バンパーがすごく頼りになりそうです。また、金属製リングつきなのでバッグに簡単に取り付けれるのも魅力の一つです。

さらに持ち運ぶことを前提に考えた場合、このコンパクトサイズはとても大きなアドバンテージになりますね。もはやHDDに戻りたくないレベルです。

いま僕は旅行のときにWDのポータブルHDD(500GB)をバックアップ用に持ち歩いていますが、今後はサンディスクのエクストリーム 510 ポータブルSSDに置き換えたいと思っています。

ただ、メイン機をα7R IIにしてから4K動画を撮影することが増えてきたので、1枚だけだとちょっと容量的に心配ですね。

できれば2枚くらい持ち歩きたいところです。1TB近くあればかなり安心して旅行中も撮影できるはず・・・。

それから転送スピードは読み出し最大速度が430MB/秒、書き込み最大速度が400MB/秒とコンパクトなサイズながら高速性にも優れています。

小型軽量と高速性の両方を兼ね備えた製品ですね。素晴らしい……。

ファイルの暗号化(パスワードつきフォルダ)

さらにうれしいのはファイルを暗号化できるところです。同梱のSanDisk SecureAccess Softwareを使うとパスワードで保護されたプライベートフォルダを作成できます。

ファイルは128bit AESで暗号化されるとのこと。

これなら万が一旅行中に紛失してしまっても他の人にデータが渡るのを防ぐことができるのてとても安心ですね。

あと半導体コアを使っているので発熱しないのも特徴です。互換性についてはWindowsとMacで使用することができます。

仕様について

以下、サンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSDの具体的な製品仕様になります。

製品名 サンディスク エクストリーム510 ポータブルSSD
型番 SDSSDEXTW-480G-J25
JANコード 4523052016363
インターフェース USB3.0(USB2.0に下位互換あり)
転送速度 読み出し最大速度430MB/秒
書き込み最大速度400MB/秒
サイズ 74.0 × 74.0 × 11.0mm(W × H × D)
質量 約40g

荷物を軽量化しつつ安全にデータを持ち運ぶにはピッタリ

屋外の厳しい環境で撮影する方は、一枚持っておいて損はない製品ですね。フォトグラファーに限らず、データを安全に、そしてコンパクトに持ち歩きたい方は必見です!

ちなみにここではサンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSDをご紹介しましたが、サンディスク エクストリーム 500 ポータブルSSDも同時に発売されます。こちらは容量が480GB、240GB、120GBから選べます。

容量が大きいほど価格も高くなるので、予算に合わせて自分にピッタリなモデルを購入したいところです。

出荷はサンディスク エクストリーム 510 ポータブルSSDが4月、サンディスク エクストリーム 500 ポータブルSSDが2月なので、実際の使用はもう少し先になりますね。

今年はこれでさらに荷物を軽量化できそうです。単純にコンパクトさを求めるなら大容量のSDカードだけでもいいのですが、やはりパスワード保護できなかったり耐久性が心配だったりしますからね。

旅行や移動が多い写真好きの方は要チェックの製品です。

SanDisk Corporation - サンディスク、防滴・防塵のポータブルSSDを4月に出荷開始

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ