富士フイルム(FUJIFILM)のX-Pro2を旅行やスナップに使いたい

X-Pro2

富士フイルム(FUJIFILM)からX-Pro1の後継機となるX-Pro2がようやく発表されましたね。

X-Pro1のときからデザインがとてもかっこいいな〜と思っていましたが、フラッグシップモデルということもあり、なかなか手が出ずにいます・・・。

とはいえ、OVF(光学ファインダー)とEVF(電子ビューファインダー)をレバー操作で簡単に切り替えれる「ハイブリッドファインダー」は、撮影がとても楽しそうですよね。

とりあえず、気になった特徴をいくつかご紹介したいと思います。

エレクトロニックレンジファインダー(ERF)を新たに搭載

僕はどちらかというとOVFの方が好きなのですが、逆光のときはEVFじゃないとキツいです。なので、通常時はOVFで撮影して逆光時のみEVFを使えるのが理想です。

そんな理想的な使い方ができるX-Pro2ですが、さらに今回新たにOVFの右下隅に小型EVFを表示する「エレクトロニックレンジファインダー(ERF)」が搭載されました。

OVFを使っているときにEVFでもチェックできるなんて素敵すぎます。ちなみにEVF小窓は下記の3通りで表示できるようになっています。

  • 視野率100%
  • 2.5倍拡大
  • 6倍拡大

OVFでの撮影中にピントはもちろん、画角・露出・ホワイトバランスなどがリアルタイムにモニター可能です。また、MFアシストも併用できるため、OVFでのMF精度も高まりそうですね。

X-Trans CMOS III

X-Pro2はXシリーズでは最大となる2430万画素の新開発APS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」を初搭載しています。

位相差画素の配置エリア拡大により、高速・高精度な位相差AFが広い範囲で使えるようになりました。

また、画素数を増加させつつノイズ低減を実現しているほか、ISO12800を標準感度(いままでは拡張感度でした)として使えるようになったのが特徴です。

美しい白黒に仕上げてくれる「ACROS」

「PROVIA/スタンダード」「Velvia/ビビッド」「ASTIA/ソフト」など、全15種のフィルムシミュレーションを搭載しています。

なかでも気になるのが新たに追加された「ACROS」です。滑らかな階調で引き締まった黒、それから美しい質感再現と、ハイクオリティな白黒写真を撮りたい方にはピッタリですね。

また、すべてのフィルムシミュレーションと併用できる「グレイン・エフェクト」も魅力的です。こちらはフィルム写真のような独特の粒状感を再現できる機能になります。

「強」「弱」の2段階から効果を設定できます。フィルムっぽく仕上げたいときに活用してみたい機能ですね。

フォーカスレバーでフォーカスエリアを簡単に変更できる

フォーカスシステムでは8方向にフォーカスエリアを移動できる「フォーカスレバー」が新たに搭載されました。これはかなりうれしいポイントです。

物理的なレバーがあれば、ファインダーを覗いている最中でも直感的に操作できますからね。

AFポイントをダイレクトに移動させたい方には最適です。また、MF時はMFアシストによる拡大表示エリアの移動も可能になります。

写真を撮る楽しさを与えてくれる逸品

ほかにもISOダイヤルを内蔵したシャッターダイヤルや2枚のSDカードを挿入できるデュアルカードスロットなど、優れた機能が満載です。

唯一無二のファインダーにレトロ感あるお洒落なデザイン、そしてXマウントの豊富なレンズ群により、多彩な表現を楽しむことができますね。

個人的にはX-Pro2にXF35mmF2 R WRをつけて旅行やスナップに使ってみたいと思っています。

あと最近発表されたXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRとの相性も期待できそうですね。

X-Pro2の測距点が従来の49点から77点(最大273点)まで拡大したので、動体にも強くなっていると思います。

というわけで、X-Pro2は気軽なスナップ撮影から本格的な動体撮影まで、写真を撮る楽しさを与えてくれるカメラだな〜と感じました。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ