岩との一体感がすごい!達谷窟毘沙門堂へ行ってきた【岩手県平泉】

達谷窟毘沙門堂

前回の中尊寺をあとにし、次に訪れたスポットは達谷窟毘沙門堂です。読み方は「たっこくのいわやびしゃもんどう」と読みます(むずかしい……)。

坂上田村麻呂が征夷の記念に毘沙門天を祀った岩窟とのこと。中尊寺から車で向かえば意外とすぐ着きます。車で15分くらいだったかな?

ここが入り口です。大人は300円になります。

入り口

さっそく鳥居をくぐります。まわりの雪の白さのせいか、なんだかとても華やかに感じました。

鳥居

毘沙門堂です。岩との一体感がすごい。とても迫力がありますね〜。

毘沙門堂 毘沙門堂 毘沙門堂

横には岩面大佛があります。

岩面大佛

地面には雪が積もっており、あちこち自由に歩き回るのは難しいですが、一応歩けるような道にはなっています。

達谷窟毘沙門堂

寒さで池は凍っています。

凍った池

晴れていて気持ちがいい。

晴れ

なかなか見応えがあります。広角レンズをつけてきて正解でした。

達谷窟毘沙門堂

狛犬。

狛犬 敷地内

一部、落雪危険のため立ち入り禁止になっているところがありました。残念。

立ち入り禁止

敷地内はそれほど広くはないので、サクッと見て周ることができます。僕はだいたい30分くらいでした。中尊寺、または毛越寺を見たあとに立ち寄るとちょうどいい感じです。

植物 敷地内

帰りの駐車場での一枚。

駐車場

夕方近くだったせいか、ほとんど誰もいませんでした。ゆっくり見れたのでよかったです。

というわけで、岩手県の平泉にある達谷窟毘沙門堂のご紹介でした。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ