録りたい番組を見つけやすいソニーのブルーレイ/DVDレコーダー「BDZ-ZT2000」

BDZ-ZT2000

前回はパナソニックの全自動ディーガ「BRX7020」をご紹介しましたが、今回はソニー(SONY)のブルーレイ/DVDレコーダー「BDZ-ZT2000」をご紹介します。

こちらもつい先日発表されたばかりの新製品になります。BDZ-ZT2000のほか、BDZ-ZT1000、BDZ-ZW1000、BDZ-ZW500も同時に発表されました。各モデルはデジタルハイビジョンチューナーの数や内蔵しているHDD容量に違いがあります。

BRX7020に比べるとチャンネル録画数やHDD容量がかなり違いますが、そのぶんBDZ-ZT2000の方がお求めやすい価格帯になっています。

機能的にはBRX7020に魅力を感じているんですが、テレビをブラビアにするならBDZ-ZT2000で統一したいと思っています。

特に4Kブラビアと連携することで高画質な映像を楽しめる「4Kブラビアモード」はかなりよさそうですね。録画した番組の情報を本機側で調整してブラビアへ送り出し、ブラビア側で最適な4K映像にアップコンバートしてくれるので、美しい映像を楽しむことができます。

また、予約ランキングや録画リストなどユーザーインターフェース全体を一新したのも大きな特徴のひとつです。

従来までのXMB(クロスメディアバー)を廃止し、「録画する」「視聴する」などの基本機能をシンプルで直感的に使える2階層構造になっています。

だいぶスッキリしたホーム画面なので、個人的にもすごく使いやすそうだなーと思いました。

また、白バックに黒文字表示で紙の番組表に近いデザインを採用している番組表もGoodです。番組表の1番組当たりの情報量も増やしたことで、番組概要などをいちいち詳細画面を開くことなく把握できるので、一覧性が向上しています。

それから、個人的に気になるのは外出中でもスマホなどから録画した番組を楽しめるAndroid / iOS端末向けアプリケーション「Video & TV SideView」です。

このアプリを使うことで録画番組の視聴や録画予約などができるのでとても便利ですね。

まだまだいろんな機能を備えているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

BDZ-ZT2000のサイズや質量は下記のとおりです。

  • サイズ:430.7 × 43.9 × 208.6mm(幅 × 高さ × 奥行)
  • 質量:約2.9kg
スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ