iPhone SE対応の薄型バッテリーケース「mophie juice pack helium」

mophie juice pack helium

iPhone SEを使い始めて約1週間が経過しました。今のところこれといった問題もなく快適に使っております。

小さい端末は片手で簡単に操作できるのでとても使いやすいですね。ただ、いままでiPhone 6 Plusを使っていたせいか、やはり画面の小ささにどこか物足りなさを感じてしまいます。

まあこの辺りは慣れの問題もあるんでしょうけど。

で、端末が小さいということは物理的にバッテリーも小さいはずでして、、、やはり1日中iPhoneを使いまくるとすぐ充電がなくなってしまいます。

もちろん多少なりともアップしてるとは思いますが、それでも1日中外にいるとなると不安です。

そんなわけで、iPhone SEに対応したバッテリーケースを探してみることにしました。

前回、iPhone 6 Plusのときに購入した「mophie juice pack for iPhone 6 Plus」がとてもよかったので、iPhone SEでも同じメーカーの製品を購入しようかと考えています。

今回は携帯性を重視して1500mAhの「mophie juice pack helium」に決めましたが、これよりもっと容量が多い2100mAhの「mophie juice pack plus」や1700mAhの「mophie juice pack air」という製品も用意されています。

下記はmophie juice pack heliumの動画です。

バッテリーケースって装着すると分厚くなってしまうのが難点ですが、このmophie juice pack heliumは従来のJuice Packよりも約13%薄く設計されているのがポイントです。

iPhone SE自体がすごくコンパクトなので、バッテリーケースをつけてもそれほど大きくならないのがいいですね。

ケース背面にはLEDインジケーターとバッテリーチェックボタンが搭載されており、ボタンを押すだけでLEDインジケーターの点灯数によりバッテリー残量を確認できます。

充電の開始・終了はオン・オフ切り替えスイッチから操作可能です。

それからケースを装着することで気になるのが「イヤホンを接続できるか?」だと思いますが、mophie juice pack heliumにはパススルーケーブルが付属してくるので、これによりイヤホンを接続することが可能です。

薄型なのにバッテリーを搭載してイヤホンも使えるのでとっても便利な製品ですね。

本体のサイズと重量は下記のとおりです。

  • サイズ:約63 × 139 × 15mm(W × H × D)
  • 重量:約68g

カラーラインナップは全部で7種類あります。

  • ダークメタリック
  • シルバーメタリック
  • (PRODUCT) RED
  • グリーンメタリック
  • ブルーメタリック
  • パープルメタリック
  • ピンクメタリック

というわけで、iPhone SEに対応した薄型バッテリーケースを探している人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ