【ソニー用】タムロンの広角レンズ「SP 35mm F/1.8 Di USD(Model F012)」

SP 35mm F/1.8 Di USD(Model F012)

タムロンから大口径広角レンズ「SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)」のソニー用が発表されました! キヤノン用とニコン用はすでに発売済みです。

ちなみにソニー用の名称は「SP 35mm F/1.8 Di USD(Model F012)」となり、手ぶれ補正機構である「VC」がなくなっています。つまりレンズに手ぶれ補正がついていないということです。

タムロンの公式ページを確認してみましたが、ソニーのデジタル一眼レフカメラはボディ内手ぶれ補正機能を搭載しているのでVCを搭載していないとのことでした。

まあ35mmなので手ぶれ補正はなくてもいいとは思いますが、キヤノン用とニコン用にはついているのにソニー用だけないのはちょっと寂しいですね。どうせならその分レンズ本体を軽くコンパクトにしてほしかったです。

こんな感じでキヤノン用・ニコン用と比べてもあまり変わりません。

<長さ>

  • 80.8mm(キヤノン用)
  • 78.3mm(ニコン用)
  • 80.3mm(ソニー用)

<質量>

  • 480g(キヤノン用)
  • 450g(ニコン用)
  • 450g(ソニー用)

とはいえこのレンズ、最短撮影距離が0.2mとかなり寄れるのが魅力的なんですよね。しかもF値も1.8と明るく、サイズもそこそこコンパクトです。

なのでスナップ撮影にはもってこいのレンズだなーと思っています。

そういえば以前「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)」をご紹介しましたが、こちらの最短撮影距離は0.35mです。ちなみに購入しようと思いましたがまだ迷い中です・・・。

個人的には広角レンズで被写体に寄って撮影した絵が好きなので、どちらかというとタムロンの方に気持ちが傾いています。

ただFE 35mm F2.8はF値が2.8ということもあり、サイズが超コンパクトなんですよね。このサイズ感は捨て難い……。

それからSP 35mm F/1.8 Di USDのデザインは少し・・・な気がしますが、黒オンリーのレンズが多いなか、このマウント側にある白っぽい(?)部分はある意味いいアクセントになるかも。

実際にα7シリーズに装着した姿を見てみたいですね。ただこのレンズ、Aマウントなんですよね。α7R IIを使っている自分としてはここはEマウントで出して欲しかったです。

Aマウントならアダプタが必要か・・・。

ボケが超キレイ

SP 35mm F/1.8 Di USDがイイと思ったのは何も最短撮影距離に関してだけではありません。

タムロンの公式ページで実際に撮影した写真を見ましたが、ボケが超キレイだなーという印象を受けました。

開放時のなだらかにとろけるようなボケと優しい描写がとてもいい感じです。また、絞ったときのヌケのよさも素晴らしいと思います。

35mmという焦点距離はタムロンのほかにもシグマのArtやソニーのFE 35mm F1.4もあるので悩ましいですね。ただ、これらはF値が1.4と明るのでサイズや重さが少しネックになりそうです。本気の撮影ならアリですが、スナップとして使うならやっぱりSP 35mm F/1.8かFE 35mm F2.8のどちらかなーと考えています。

とりあえず今のところSP 35mm F/1.8が明るさやサイズも含めてバランスがいいかなーと思っています。何より0.2mという最短撮影距離が撮る楽しみを広げてくれそうです。

ただ、やっぱりα7シリーズだとEマウントになるのでアダプタが必要になるのが難点ですね。ここが最大の障壁になりそう……。

ちなみに今回タムロンからは「SP 35mm F/1.8 Di USD(Model F012)」だけではなく「SP 45mm F/1.8 Di USD(Model F013)」も同時に発表されました。こちらもキヤノン用とニコン用はすでに発売済みで、今回新たにソニー用が追加された形です。

45mmという焦点距離はめずらしいですね。

というわけで、以上、タムロンの「SP 35mm F/1.8 Di USD(Model F012)」のご紹介でした。「寄れる35mm」のレンズをお探しの方は、有力な選択肢の1つになるかと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ