作り方も簡単でおいしい!おすすめ水出しコーヒー器具のまとめ

水出しコーヒー器具のおすすめ

今年の夏は水出しコーヒーにチャレンジしたい!と思っている人はたくさんいるのではないでしょうか? とはいえ、必要な器具をそろえたり作り方をマスターしたり「ちょっとめんどくさいかも……」とイマイチ踏み出せない人もなかにはいるはず。

しかし、水出しコーヒーの魅力は何といっても「作り方が簡単」なところにあります。できあがるまでの時間こそかかりますが、基本的にはサクッとセットしてあとは待つだけなのでとても気軽につくれちゃいます。

というわけで、今回はおすすめの水出しコーヒー器具をまとめたのでご紹介します。簡単に作れるうえにデザイン性にもこだわったこれらの器具は、コーヒー好きなら暑い日の必須アイテムになるはずです!

ハリオ ウォータードリッパー・クリア(WDC-6)

ハリオ ウォータードリッパー・クリア

透明感あるデザインがとてもかっこいいハリオのウォータードリッパーです。これ、インテリアとしても飾っておきたくなりますね。

容量は2〜6杯用(できあがり容量は780ml)です。ポタポタと水をコーヒー粉に落としていく「滴下式」の器具になります。じっくりとコーヒーの旨さを抽出するので、コクがあるおいしいコーヒーを飲みたい人にはピッタリです。滴下速度は金属コックで調節できます。

だいたい3〜5時間で水出しコーヒーをつくることができます。

ハリオ ウォータードリッパー・クリア(WDC-6)

ハリオ コールドブリューコーヒージャグ CBS-10HSV

ハリオ コールドブリューコーヒージャグ

浸漬式」によるハリオのコールドブリューコーヒージャグは、おいしいコーヒーを手間なくつくれてそのまま保存もできる優れものです。水でじっくり抽出するので、コーヒー本来の味と香りを引き出してくれます。

透明な耐熱ガラスにシルバーのストレーナーがとてもクールですね。

コーヒー粉をストレーナーに入れて注ぎ口にセットし、水を少量ずつ注いだあとは、フタをして冷蔵庫に入れておけばOKです。8時間ほどでおいしいコーヒーができあがります。

耐熱ガラスなので、水だけでなく熱湯にも対応しているのがうれしいところ。食洗機にも使えるので、食洗機を持っている人は飲み終えたあとの手間も省けますね。

ハリオ コールドブリューコーヒージャグ CBS-10HSV

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー

シンプルなデザインがとても素敵なiwakiの水出しコーヒー器具。2007年にはグッドデザイン賞を受賞しており、そのデザイン性の高さはお墨付き。

もちろんデザインだけではなく、水とコーヒー粉をセットするだけで簡単においしい水出しコーヒーをつくることができます。ゆっくり抽出することで、コクのある澄んだ香りに仕上がるのが特徴です。

また、電子レンジで温めてホットコーヒーとして飲むこともできるので、これ1つでいろんなコーヒーを手軽に楽しめるのがいいですね。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL

Kalita(カリタ)ウォータードリップムービング 45067

Kalita(カリタ)ウォータードリップムービング

まるで実験器具のような形をしたカリタのウォータードリップムービングは、リズミカルな水を動きを楽しみながらコーヒーをつくれるのが特徴です。

デモンストレーションツールとしても使うことができます。何よりこのデザインはインテリアとしても結構インパクトがありますね。存在感バツグンの水出しコーヒー器具をお探しの方にはピッタリのアイテムになるのではないでしょうか?

容量は5人用になります。ある程度つくりおきしたい一人暮らしの方にもよさそうですね。

価格が少し高いのが難点ですが、実験器具のようなインテリア性の高い水出しコーヒー器具が欲しい方は要チェックです。

Kalita(カリタ)ウォータードリップムービング 45067

ハリオ フィルターインコーヒーボトル FIC-70

ハリオ フィルターインコーヒーボトル

内部にあるストレーナーにコーヒー粉を入れて、本体に水を注いでから冷蔵庫に8時間入れておけば完成する手軽さが魅力です。

冷蔵庫に入れておくので、できあがったらそのままアイスコーヒーとして楽しめるのがいいですね。暑い日にはピッタリのアイテムです。ワインボトルのようなスッキリしたフォルムがとてもお洒落ですね。

水でコーヒーを淹れることで、タンニンやカフェインが抽出されにくくなるので、渋みや雑味のない「まろやかな甘味」のコーヒーを楽しむことができます。

容量は5杯専用になります。熱湯や食洗機もOKです。

ハリオ フィルターインコーヒーボトル FIC-70

ハリオ ウォータードリッパー・ポタN(5杯用)PTN-5BZ

ハリオ ウォータードリッパー・ポタN

実験器具のようなデザインに、どこかレトロな雰囲気を持っているハリオの水出しコーヒー器具です。耐熱ガラスと真鍮の組み合わせがすごくオシャレですね。

作り方は、バスケットにコーヒー粉をセットして、全体を水で湿らせてからかき混ぜます。そして調節レバーをゆっくりと回しながら滴下速度を調節し、2〜3時間ほどで5杯分のコーヒーができあがります。

金属コックも使いやすく、調節レバーの操作性も良好です。余分な酸味、苦味、渋みがないマイルドなコーヒーを気軽に自宅で淹れることができます。つくったコーヒーに氷を入れればあっという間にアイスコーヒーができあがります。本格的なアイスコーヒーを味わえ、デザイン性にもこだわった器具を探している人にはオススメですよ。

ハリオ ウォータードリッパー・ポタN(5杯用)PTN-5BZ

KINTO(キントー)PLUG アイスコーヒージャグ

KINTO(キントー)PLUG アイスコーヒージャグ

縦置きはもちろん、横置きにも対応しているので使い勝手はバグツンです。冷蔵庫内で縦に置くスペースが足りないときなんかに重宝しそうですね。

それから、無駄を省いたシンプルで洗練されたデザインがとてもかっこいいです。密閉性が高い点もGood。容量も1.2Lと大きめなので、たっぷりつくって冷蔵庫に常備しておくのもいいですね。

また、開口部が広く設計されており、奥まで洗いやすいのも使用者にとってはうれしいですね。手入れがめんどくさいと結局使わなくなっちゃいますからね。できるだけ日頃の手入れはラクなものに越したことはありません。

KINTO(キントー)PLUG アイスコーヒージャグ

ハリオ ウォータードリッパー・ウッド WDW-6

ハリオ ウォータードリッパー・ウッド

ウッドデザインによるインテリア性に優れたウォータードリッパー。部屋に置いておくだけでもサマになりますね。

できあがり容量は780mlになります。一滴一滴じっくりと水を落としながら抽出していきます。抽出の滴下速度は金属コックから調節可能です。

だいたい3〜5時間で水出しコーヒーができあがります。苦味や渋みの少ないマイルドな味わいを楽しみたい方におすすめです。

ハリオ ウォータードリッパー・ウッド WDW-6

水出しコーヒー器具を使ってアイスコーヒーにチャレンジしよう!

ポタポタじっくり抽出するタイプや水を注いでそのまま冷蔵庫で冷やせるタイプなど、モノによって少し入れ方に違いがありますが、基本的にはどれも簡単につくることができます。

夜にセットしておけば、朝起きておいしいコーヒーをすぐに飲めるので、コーヒー好きの方は1つ持っておいて損はないアイテムかと思います。

まだ水出しコーヒーを作ったことがないという方は、ぜひこれらの器具を使ってチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ