窓の汚れの救世主!窓掃除がラクになる道具「両面ガラスクリーナー」

両面ガラスクリーナー

掃除は好きだけど、「窓の拭き掃除は苦手……」な方は多いですよね。

特に押し開き式の窓や格子付きの窓では、拭き掃除をしようとしても「手が届かず中途半端に拭きムラができる」なんてこともしばしば。結局汚くなってしまい、そのまま放置状態になっている方もなかにはいるかと思います。

また高層階マンションの出窓や引き違い窓などがあるお宅では、引越してきてから見て見ぬふりをしている方も多いのではないでしょうか。窓の汚れと同じように、モヤモヤした心をスッキリ解消できる便利な道具が、アドフィールドの「両面ガラスクリーナー」です。

磁力の力で一気にキレイ

両面ガラスクリーナーは、窓の内側と外側を拭くことができるお掃除グッズです。

内側用と外側用のクリーナーには強力なマグネットが仕込まれていて、その磁力でもって窓ガラス越しに密着します。

窓の両面を同時に拭くことで掃除の時間短縮になること。そして、今まで掃除を諦めていた窓をキレイにできるという2つの特徴があります。さらに付属の網戸用のアタッチメントを取り付ければ、網戸だって掃除可能!

取り外して洗うのが面倒だった網戸も、両面クリーナーならいつでもキレイにできます。

クリーナーの大きさは長さ153×幅75mm、重さもクリーナー2つあわせて約320gほどなので女性でも軽々持てちゃいます。

また収納ボックスもついているので、セットの小物もコンパクトに収納できます。

安心の日本製で、消耗品などは販売店やカスタマーセンターでも追加購入できるので、長く使えるのもいいですね。

どうやって使う?どんなときに便利?

気になる使い方ですが、バケツに水と洗剤を入れて、その洗剤液をクリーナーの拭き取り面に染み込ませます。そのクリーナーで窓ガラスを挟んで準備完了。

高い位置にある出窓など、高所恐怖症の人でなくてもちょっと躊躇するような場所にある窓も、わざわざ体を乗り出す必要がありません。落下防止用の安全ベルトがあるので、万が一外側用のスポンジの磁力が外れてしまっても大丈夫。高層階でも安心して拭き掃除できます。

そして真冬や真夏でも、快適な室内にいながら拭き掃除をラクラクこなせます。さらに掃除にかかる時間も手間も、今までのたった半分!

適用ガラスは厚み2~7mmの1枚ガラスです。断熱効果のある2枚式のペアガラスや、表面に凹凸や模様のあるガラス、ザラザラした擦りガラスには、磁力が効かないため使用できないのでその点注意が必要です。

大掃除だけじゃもったいない!窓も心も晴れやかに

窓ガラスって一見汚れてないように見えて、実はしっかり汚れてるんですよね。両面ガラスクリーナーで、どんどん汚れが取れていくのを目で見るのもおもしろそう。キレイになると、窓から見える景色すら違って見えますからね。

口コミやレビューによると、最初は拭くのにコツが要るみたいですが、使っていくうちに慣れてくるとのこと。自分で必死に窓掃除するよりは、よっぽどラクに磨けそうですよね。しかも両面同時だからあっという間に掃除が終わるだろうし。

めんどくさい窓掃除を一発で打ち消してくれる「両面ガラスクリーナー」を購入して、大掃除だけとはいわず、普段の掃除でも活用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ