薄く軽くブルーライトゼロの新型Kindleが登場!日中でも読みやすいE-inkディスプレイ

薄く軽くなった新型Kindle

アマゾン(Amazon)から新型Kindleが発表されましたね!従来よりも薄く軽くなり、いままで以上に「いつでもどこでも」好きな電子書籍を楽しめます。

しかもこのKindleは、ライトが搭載されていないのでブルーライトゼロなところがいいですね。価格も現在のKindleシリーズのなかでは最安なので、日中の屋外や夜中の読書用端末をお探しの方には、かなり朗報になるのではないでしょうか。

ブラックとホワイトの2色カラーで、Kindleシリーズ最安

新型Kindleは、前世代のものより11%薄く、16%軽くなったのが特徴です。ちょっと気になったので、上位モデルのKindle Paperwhiteとサイズ・重量を比較してみました。

KindleKindle Paperwhite
サイズ 160 × 115 × 9.1mm 169 × 117 × 9.1mm
重量 161g Wi-Fi:205g
Wi-Fi + 無料3G:217g

上記の表からわかるように、新型Kindleの方がサイズがコンパクトで重量も軽くなっています。しかも価格も最安なので、これはかなり「買い」ではないでしょうか?

ちなみに価格は、キャンペーン情報つきモデルが8,980円(記事公開時点)ですが、プライム会員ならクーポンコード使用で「4,000円OFF」になります!

これはちょっとポチってしまいそう……。

カラーはブラックとホワイトの2色です。個人的には、爽やかなホワイトがかっこいいなーと思っています。

また目に優しく、まるで本物の紙を見ているかのような読み心地を体験できる「E-ink」が使われているので、日中の明るい日差しのなかでも読みやすいのがうれしいですね。

夏休みも近づいていますし、これから外で読書をする機会も増えてくるのではないでしょうか?

晴れ渡る青空のもと、木陰や芝生でKindle片手に優雅な一日を過ごしてみたいですね。カフェやレストランもテラスが気持ちいい季節になってきたわけですし、Kindleが活躍する場面がいろいろ浮かんできちゃいます。

薄くて軽くてそのうえ安い、なんだかメリットばかりですが、もちろんデメリットもあります。

まず解像度がほかのKindleに比べて低いこと。新型Kindleは167ppiですが、Kindle Paperwhite、Kindle Voyage、Kindle Oasisともに300ppiになっています。

それから内臓ライトが搭載されていないので、暗い場所ではほぼ見えないのがツライですね……。これはもうベッドに入って電気を消したら寝るしかないですね。

プラスに考えれば、目にすごく優しい生活習慣が身につくと思うので、日頃からパソコンやスマホをよく眺めている方にこそ、手にすべき端末といえるのではないでしょうか?

ディスプレイサイズは6インチ、Wi-Fi接続、ページ送りはタッチスクリーンになります。

発売予定日は2016年7月20日です。現在アマゾンのページで予約注文を受付中なので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ