どこでもスマート!いつでもヒンヤリ!レコルトのパーソナルクーラーボックス

レコルトのパーソナルクーラーボックス

「自分の部屋に冷たい飲み物をたくさん置いておければいいのに。」

そんなことを思ったことありませんか? たとえば、サッカー中継を見ているときに、いよいよ盛り上がってきて「これから!」というタイミングに限ってグラスは空っぽ。

試合も気になるけど、ビールも欲しい。結局キッチンまで取りに行くはめになり、めんどくさい&テンションは下がる一方……。

わざわざ冷蔵庫まで取りに行きたくない、でも冷たい飲み物は欲しい!

そんな煩わしさを解決してくれるのが、レコルト(recolte)のパーソナルクーラーボックスです。好きなドリンクを好きなタイミングで飲めて、自分の部屋でゆっくり過ごせる。めんどくさがり屋にとっては、まさに理想のアイテムです。

大きさも使いみちもパーソナルサイズ

一見クーラーボックスとはわからないオシャレなルックス。角が丸く全体的に柔らかなシルエットが、レコルト「パーソナルクーラーボックス」の特徴です。

凹凸のないフラットなデザインになっていて、品のあるマットな光沢が印象的ですね。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開。どちらもシンプルで清潔感があるので、部屋のなかでも悪目立ちせずナチュラルに馴染んでくれるはず。

高さ50.5cm、幅・奥行きともに21cmと小柄なので、ちょっとしたスペースにも収められます。

また、収納式の大きなハンドルがついていて、持ち運びもラクラクです。重さも約3.9kgと軽量なので、女性でも簡単に移動させることができます。

リビングのソファ横にあれば、もうDVDを一時停止させなくてもOKですよ。女性ならバスルームで化粧水を入れておけば、お風呂上りに気持ちよくスキンケアもできちゃいます。

また大勢が集まるホームパーティで、飲み物が冷蔵庫に入りきらなくても大丈夫。サブの保冷庫としても使えるし、みんなが自由にドリンクを取り出せるので、お互い気をつかうことなく楽しめます。

ベッドサイドにあれば、寝る前に「ちょっと一杯」なんてこともできるし、起きてすぐの水分補給にもバッチリですよ。

場所を選ばず、自分好みの使い方ができる点に、とても魅力を感じます。

小さくたって頼りがいあり!スリムで小粋でハイスペック

庫内は高さ約40cmあり、最大容量はなんと6.5L!そのスリムな外観からは想像できないほど、たっぷり収納できます。

取り外しができる棚板が2枚ついていて、棚の位置を移動すれば効率的に収納可能。小さな350ml缶や大きなボトルなど、なかに入れるものによって棚板を調整できるのも重要ポイントです。

たとえば、棚板2枚を使用すると350mlの缶を12本も入れておけます。棚板をすべて外してしまえば、ワインボトルや2LのペットボトルだってOKです。

棚板1枚なら、350ml缶と500mlのペットボトルを一緒に収めることができ、ドリンクを立てた状態でたくさん入れておけるのがなんともうれしいですね。もちろんドリンクだけでなく、3時のおやつにコンビニスイーツも。

職場のデスク下に自分専用の1台、なんてのも休憩タイムがさらに楽しみになりそうです。

環境にも財布にも優しい省エネ設計

パーソナルクーラーボックスの冷却方法はとってもエコです。

ペルチェ素子という半導体を採用した電子冷却方式なので、オゾン層を破壊する冷媒フロンを使っていません。だから静音性が高くて、とっても静かなんです。ベッドサイドに設置しても、モーター音が気にならないのでぐっすり眠れます。

さらに消費電力も定格27Wと省エネルギーで、費用面においても無駄なくエコなところがいいですね。

また、扉が180度近くまでガバっと開くので、なかの確認がしやすく掃除のしやすさも考えられています。

個人的に気に入った点は、ちょうつがいの部分が本体と同じ色で塗装されていることと、「recolte」のロゴが正面左下にさりげなくプリントされていることです。

細かいところも気を抜かず、さっぱりスタイリッシュな見た目がいいですね。

「どこに置こうか。」

と、思わずあれこれ考えたくなる、そんな自分専用のドリンクサーバーだと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ