機能美あふれるレデッカー(REDECKER)のノートPCブラシでパソコンをキレイに掃除しよう

レデッカー(REDECKER)のノートPCブラシ

毎日使っているのに意外と掃除しないPC。あらためて見ると、けっこう汚れているんですよね……。

掃除なんかしなくても使えてしまうものですが、ホコリが原因で起きてしまう故障や不具合って、何気に多いです。とくにキーボードはすき間がたくさんあるので、裏返してホコリを落としてみるとビックリするほどゴミやほこりが出てきます。

またノートPCは、キーボードと本体が合体しているため、裏返してパンパン!なんてこともできません。

そこでおススメなのがレデッカー(REDECKER)の「ノートPCブラシ」です。毎日の掃除を習慣に取りこめば、あなたのノートPCの寿命も延びること間違いなしですよ。

愛されるには理由がある。伝統的で現代的なレデッカー

レデッカーとは1935年に創業したドイツの老舗メーカーで、ブラシをはじめ、さまざまな生活用品を手掛けています。

ここでつくられる製品は、どれも天然素材を使っており原材料の調達から製造、販売にいたるまでをすべて自社でおこなっています。

熟練した職人の手仕事によりひとつひとつ丁寧に作られたブラシは、何十年も愛着を持って使い続けることができ、ヨーロッパを中心に世界中で親しまれています。

「人と環境にやさしいものづくり」を目指し、限りある自然との共存を目指すレデッカー。ドイツ国内の素材や間伐材を利用したり、植林を実施するなど、エコロジーや環境保護などの活動にも積極的に取り組んでいます。

また昔ながらの典型的なブラシをつくり続ける一方で、現代のライフスタイルに合わせた雑貨もつくっています。このノートPCブラシも、クリエイティブな発想から生み出されたものの一つです。

伝統を大切にしながら、つねに新しいものを取り入れていく。この柔軟さもレデッカーが持つ魅力なのでしょう。

木の質感にホッとする、つい手に取りたくなるブラシ

レデッカーの製品はどれも無駄がなく実用的で、ドイツらしいセンスが感じられるデザインのものばかりです。ノートPCブラシも使いやすい造りになっていて、レデッカーらしいアイテムだと思います。

毛の硬さが異なる山羊毛と豚毛、2種類のブラシが折りたたみ式になっていて、柄の部分を回転させて使います。

1つで2通りの使い方ができるこのブラシ。キーボード部分は黒い方、ややコシの強い豚毛ブラシを使います。短めの毛だから、軽くすき間に這わせるだけで小さなゴミやほこりが簡単にかき出せる!

白い方の山羊毛はとっても柔らかく優しい手触りなので、デリケートな部分のお手入れにピッタリです。モニターの表面をそーっとなでるだけで、張りついていた細かいホコリもキレイに取り除くことができるんです。

大きさは7.5cm×4.5cmとハンディサイズなので、持ち歩きにも便利。木の温もりが感じられる、素朴でほかには2つとない表情豊かな木目もチャームポイントです。

毎日使うものだから、見た目も質も優秀なものを

デスク上に何気なく置いていても可愛いので、目につく場所にあればいつでも気がついたときに掃除できていいですよね。PCを掃除したら、自ずとPCまわりもキレイにしたくなるもの。

めんどくさがりの人でも、これならデスクまわりの掃除が苦になりません。

また使い込むほどに変化していく天然の木でできているので、使えば使うだけブラシが育つおもしろさもあります。手になじむ滑らかな木の触感にも癒されそうです。

使い捨てが主流になっている現代ですが、その反面、質のいいものを長く使いたいというニーズも高まっています。いろいろなものがデジタル化して便利になりましたが、このブラシのようにアナログ的なものを見直して生活に取り入れてみるのも新鮮ですよね。

モノを大切にあつかう気持ち一つで、生活がより豊かなものになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ