公道も走れる「電動・折りたたみ・超小型・超軽量・USBポートつき」のカワイイ電動バイク「UPQ BIKE me01」

UPQ BIKE me01

秋葉原発の新しい家電ブランドとして知られるUPQ(アップ・キュー)。

そんなUPQの、「ちょっと出かけたいが車を出すほどではない」「車で遠出するけど出先で小回りのきく足もほしい」「街乗りに折りたたみ自転車もいいけどもう少しラクしたい」といった、かゆいところに手が届くモバイルeバイクを紹介します!

「UPQ BIKE me01」は国内法規に合わせてミラーやウインカーなどが設置されているので、原付免許があればどこへでも乗っていくことができます。

バッテリー駆動で環境にもやさしい

「me01」の形状は超小型で、重さも18kgほどしかありません。一般的な原付バイクの重量は85kg〜95kg、最軽量の部類でも39kgなので、まさに「超軽量」です。

eバイクなので、バッテリーには充電可能なリチウムイオン電池(交換可)を使用しています。排気ガスを出すこともなく自然環境にも配慮でき、排気音もないので"人"環境にも配慮できます。

満充電で約35km走れ、1回の充電にかかる電気代は約9円!というのもうれしいですね。

走行音が静かなので乗り手は周囲の状況を把握しやすく、安全に運転できることもメリットのひとつといえます。

充実した機動性と機能性

「me01」の大きな魅力は折りたたみできること。車のトランクやリアスペースに入れて、どこへでも持ち運びできます。4段階シフトで坂道発進も問題なくできるなど、バイクとしての基本的な性能を充分に備えています。

乗車時にはハンドル手前の液晶モニターで、現在速度、バッテリー残量、現在気温なども表示できます。

モニターの下には防水キャップつきのUSBポートもあり、出先で「スマートフォンの電池残量がアブナイ!」というときにも給電に利用できて便利ですね。

2015年のブランド立ち上げ時に、4Kディスプレイ、アクションカメラにスマートフォンなど、いきなり17種類24製品を発表して世間をアッと驚かせたUPQ。そのときの1stシーズンのテーマ色、ブルーグリーンの印象的なブランドカラーが目に焼きついている人もいるかもしれません。

今回「ネイビー・アンド・レッド」が2ndシーズンのテーマカラーとして採用されており、「me01」もそのカラーで統一されていて、とてもかっこいいです。

いわゆる「ちょい乗り」仕様のバイクで電動、かつ折りたたみという、ありそうでなかった「me1」。日々の買い物やポタリング、出先での移動手段としてなど、いろんな用途に使えそうですね!

UPQ BIKE me01

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ