おしゃれ過ぎるPRINCESSのホットプレート「テーブルグリル ピュア(Table Grill Pure)」

テーブルグリル ピュア(Table Grill Pure)

大人数が集まるとき、なにかと便利なホットプレート。

一家に一台はあるかと思いますが、大きいし重いし保管スペースも限られるし、極めつけは手入れのしにくさもあって、あまり出番がないのものです。

多機能化されているものもたくさんありますが、なかなか普段使いしようとは思いませんよね。

「よし、今日はホットプレート使うぞ!」と意気込まないと、台所の奥から引っ張り出せない人も多いと思います。

気軽に使うイメージのないホットプレートですが、そんなイメージを一新してくれるのが、PRINCESS(プリンセス)の「テーブルグリル ピュア」です。

今までただ焼くだけだったホットプレート。このテーブルグリル ピュア(Table Grill Pure)が食卓に登場したとたん、テーブルウェアにまで格上げされること間違いなしですよ!

佇まいは「魅せる家電」。これ1台で食卓が華やかに

オランダの家電メーカーPRINCESSから生まれたホットプレート「テーブルグリル ピュア」。純白のなめらかな曲線のプレートと竹製の台座がひときわ目を惹くデザインで、一見ホットプレートには見えません。

ドイツの「iFプロダクトデザインアワード」を受賞した気品あるそのルックスは、従来のホットプレートの印象をガラリと変えてしまいます。

黒いのが当たり前だったホットプレートですが、白いプレートはまるでオシャレな大皿のよう。これだけでもテーブルの上が「パッ」と明るくなります。

普段の食卓はもちろん、たくさん人を呼んでのパーティーでも大活躍! 目の前であつあつのグリル料理はもちろん、チーズフォンデュやパンケーキなども楽しむことができます。

シンプルな色づかいとデザインなので、食材の鮮やかさや見た目の美味しさをさらに引き立ててくれそうですね。

見た目だけじゃない!味も機能も優等生

プレートはセラミックコーティングを施しているので、加熱すると遠赤外線効果を発揮します。

食材の芯まで素早く火を通し、素材がもつ旨みをグッと引き出してくれます。さらにプレートの基盤にはアルミ鋳物を使っていて、プレート全面に素早く熱が行き渡ります。短時間で温度を均一にできるので、面倒な準備作業もなくすぐに調理に取りかかれるのがいいですね。

余分な油はプレート中央の穴から下に落ちるため、脂っこい肉料理もヘルシーに調理可能。だから外はこんがり、中はジューシーに焼けるのです。

台座の裏側には滑り止めがついていて、安定感があり調理中も熱くならずに安全です。「ちょっと移動させたいな」ってときでも安心して運ぶことができます。

大きさは、幅61.4cm×長さ22.2cm×高さ7cm。四角いカタチなので、テーブルの上に無駄なスペースができにくいです。そして重さは意外と軽く、3.4kg!

温度設定は保温から250度まで、ダイヤルを回して無段階調節できます。サーモスタット機能がついているので設定温度より高くなると停止し、温度が下がると自動的に運転を再開します。

今までホットプレートでは火が通りにくかった食材も、あっという間に調理が可能。さらに木べらが6本付属するので、大人数での食事にも役立ちますね。木製なのでプレートを傷つける心配もありません。

使いやすさバツグンで料理の楽しみが増える

使用後の片付けはとってもシンプル、サッとひと拭きこれでOK。ノンスティック加工で焦げつきにくくなっているので、木べらや濡れ布巾などであっという間に汚れが落ちます。もちろん台座から外して洗うこともできるので、油よごれもしっかりキレイ!

プレートに縁もなくフラットな形なので、手入れもしやすそうですよね。油受け皿ももちろん取り外して洗えます。見た目の繊細さとは裏腹に、ガンガン使っても丸洗いできる感じがいいですね。

テーブルに出しっぱなしにしていても生活感を感じさせないので、活用の幅も広がります。朝食にもサッと使えるし、晩酌のおつまみをちょっと温めるのにも重宝しそうです。また煙が出にくく、油の飛び散りも抑えてくれることから、リビングでも気軽に使えるのではないでしょうか?

ホットプレートにしては少々高価かもしれませんが、このインテリア性の高さと機能性を考えればその価値は充分ありですね。

いつもの食卓がグレードアップするテーブルグリル ピュア。「次は何を焼こうか」と、思わず料理のレベルも上がりそうです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ