今すぐ着たい!を叶えてくれるサンコーの部屋干しグッズ「温風ハンガー乾燥機」

サンコーの温風ハンガー乾燥機

雨降りが続くと、洗濯物が乾きにくいのが悩みのタネです。梅雨の時期はレインコートの乾く間もなく、翌日にまだなんとなく湿っているのを羽織るストレスたるや!

なかでもとくにツラいのは靴が濡れてしまったときです。生乾きの靴を履いてるうちに、だんだん靴下も湿りはじめて爪先まで冷えてきて……。その日1日、テンション激落ち確定です。ドライヤーを使って乾かしたことはありますが、あれってけっこう時間もかかるしなにより面倒なんですよね。

そこで活躍するのが、サンコーの「温風ハンガー乾燥機(HANGDR7W)」です。なんと、濡れた服をかけておくだけで自動で乾燥してくれるという優れもの。わずらわしさや憂鬱もいっきに解消してくれる、画期的なアイテムですよ。

服や靴を吊るしておくだけで手間なく時短ですばやく乾燥

この温風ハンガー乾燥機は、ネーミング通りのハンガー型の乾燥機です。ハンガーの下部分にある送風口から風が出てくる仕組みで、あっという間に服を乾かすことができます。

ハンガータイプなので型崩れの心配もなく、脇の下などの乾きにくい部分もしっかり乾いてくれるのです。

アタッチメントを付け替えれば、靴用乾燥機に早変わり。衣服だけでなく、濡れてしまった靴やブーツにも使えて使い勝手もGOOD。とくに内側がボア仕様のブーツは乾きにくいので、冬の雨の日にはめちゃくちゃありがたいですね。

「明日着て行きたいのに洗濯できてない!」「まだ濡れてる!」なんてときにも大助かりです。

省エネ安全設計で使いやすく機能的

使い方は本体とアタッチメントを組み立てて、電源をコンセントに差し込むだけ。スイッチでオンとオフの切り替えができます。

ドライモードは温風のほかに、送風モードの2種類。3時間以上温風モードで稼働すると、自動で送風モードに切り替わるので安心して使えます。

温風モードで消費電力は150Wと、ドライヤーと比べてその差およそ10分の1! ドライヤーで乾燥させることを考えれば、手間も電力消費もおさえられる温風ハンガー乾燥機の圧勝です。

サイズは、本体が幅14.8cm×奥行7.5cm×高さ11.7cmとハンディサイズ。

衣類用のアタッチメントは幅18.5cm×奥行2cm×高さ4.5cm、靴用アタッチメントは奥行4.2cm×高さ5cm、幅は24.3cm~42cmまで伸縮します。耐荷重は5kgまでOKなので、重いコートでもかけられます。

フックつきの洗濯バサミも付属しており、タオルや靴下などの小物にも対応可能。さらに巾着袋つきなので、付属アクセサリーを一式まとめて収納できるのも便利です。意外とコンパクトなので持ち運びにもよさそうですね。

梅雨も冬場も怖いものなし!いろいろ使えて頼れるアイテム

ハンガータイプなので、たくさんの服を一度に乾かすことはできませんが、「これだけは!」というものを確実に乾かすという点において、これ以上の商品はないのではないでしょうか。

子どもがいる家庭であれば、雨続きでも水着や体操着を翌日も気持ちよく持たせてあげることができます。

また職場のデスクにこれ1台置いておけば、通勤途中ゲリラ豪雨に遭遇しても大丈夫。厚手の生地でも内側からじっくり乾かすことができるので、ジャケットやコートが濡れても怖いものなしです。

「靴下が濡れて気持ち悪いなー」なんてときも、ロッカーでこっそり乾燥……なんてこともできますね(笑)。衣服をたくさん持って行けない旅行や出張でも使えて、なにかと活躍の幅は広そうです。

いますぐ乾かしたい!という急なピンチにも心強いお助けグッズ。うっかり雨に濡れてしまったときの切り札として、オススメできる一品です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ