たった6分で自動で氷ができる!家庭用にピッタリな「405新型高速製氷機」

405新型高速製氷機

暑い夏、なくてはならないのが氷。もはや夏を乗り切るためのライフラインといってもいいでしょう。

暑い日にはすぐ氷に頼るので氷が足りなくなることもしばしば、なんて人もたくさんいるかと思います。とはいえ氷をつくるのって時間がかかるし、できあがる氷も少ないのであっという間になくなっちゃいますよね。

なにかと氷を使う機会が多いため、つくれどもつくれども間に合わず、気がつけば「晩酌用の氷がまったくない!」なんてことも……。

そんな苦い経験がある方には、自動で氷をあっという間にたくさんつくれる家庭用にピッタリなマシン「405新型高速製氷機」がおすすめです。これならもう氷がなくてガッカリ……。なんてことはありませんよ。

急速冷凍&どっさり氷!これぞ夏のマストアイテム

この「405新型高速製氷機」は、なんと最速6~12分で氷をつくることができます。

「いますぐ氷が欲しい」と思ったらすぐに準備。フタを開けて水を注ぎ、フタを閉めてボタンを押すだけの2ステップ。たったこれだけで面倒な作業は一切なく、あとは氷が自動でできあがるのを待つだけです。

この手軽さと製氷スピードこそが「405新型高速製氷機」の特長なのです。30分もあればグラス4杯分の氷が一度にできあがり、1日における製氷能力はなんと12kgと大容量です。

氷は2種類の大きさが設定でき、直径約2cmのSサイズと、直径約2.5cmのLサイズから選べます。Sサイズは水筒やボトルなど小さい入れ物に、Lサイズはグラス用など用途によって選択できます。

気になるカラーバリエーションは、レッドとホワイトの2色展開。白や黒が主流の家電のなかで、赤いカラーがあるのって珍しくていいですね。ちなみに商品名にもある405って、会社の名前なんですね。

速さの秘密は冷却棒。効率的なハイスペックマシン

「405新型高速製氷機」が、なぜそんなに速く製氷できるのか。その冷却技術の要は、内臓された冷却棒にあります。電源を入れると、この冷却棒は約1分でマイナス10度まで冷却されます。全体を凍らせるのではなく冷却棒のまわりの水だけを冷やし固めるため、すぐに氷ができるという仕組みなのです。そのため、この製氷機でつくられた氷は真ん中に穴があいています。

冷蔵庫でできる四角い氷と比べて変わった形をしていますが、飲み物と触れる面積が増えるのですぐに冷えるという効果があります。

本体タンク内には約2.2Lまで水を入れることができ、氷は約700gまで保管可能。本体の上面には大きな窓がついているので、氷のでき具合を一目で確認できます。貯水タンクの水が足りなくなったり氷が満タンになった場合は、赤いランプが点灯して知らせてくれます。使用後のお手入れも実にシンプルです。

使い終わって余分になった水は専用のホースで簡単に排水でき、手を濡らすこともありません。付属のバスケットやシャベルも取り外せるので、洗剤で洗えて清潔に保管できます。

本体サイズは幅24.2cm×奥行35.8cm×高さ32.8cm、重さは約9kg。大きさでいうと5合炊きの炊飯器やホームベーカリーほどのサイズですね。この性能でこの大きさは、家庭用として使うならとても実用的だと思います。

夏がもっと快適に!十人十色の使いみち

ほぼ夏限定の季節モノにはなりますが、毎日コンビニで氷を購入する手間と費用を考えれば、こういう便利なグッズが1台あってもいいですね。家飲みのときでも、臆することなくバンバン氷が使えるのはなんとも魅力的です。

真夏の暑い日にコンビニまで氷を買いに走る……。なんていう修行みたいなことをしなくて済むのは、大助かりですね!

さらに、電源があればどこでも使えるのもありがたい機能です。バーベキューの際にないと困るのが氷なので、電気が使えるレジャー施設で利用できればかなり実用的です。

クーラーボックスを使う釣りにも打ってつけですし、スポーツする方ならアイシング用にも使えます。家族がたくさんいる人や暑がりで氷を頻繁に使う人には、かなりおすすめの商品です。

405新型高速製氷機で、豊かなサマーライフを過ごしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ