光で誘惑、風にて捕獲、蚊や虫たちはいつのまにやらカゴの中・イーバランスの捕虫器「insect forever」

イーバランスの捕虫器「insect forever」

夜、「やれやれ、今日もよい一日だった」と眠りにつこうとすると、どこからともなくやってきて耳元にまとわりつくプーンというモスキート音……。そうです。夏です。蚊の季節です。夏場の就寝時に蚊の羽音の懊悩から解放されたいというのは、もはや人類共通の願いではないでしょうか。

蚊は、ときには感染症を媒介することもあります。子どもがいる家庭では、やはり注意したいですし、なにより蚊の対策をして睡眠の質をあげることはQOL(生活の質)の上昇にもつながります。

秀逸なアイテムを矢継ぎ早に展開するイーバランス

空気清浄機や扇風機、電気グリルやコーヒーメーカーなど、さまざまな製品を世に送り出している家電メーカー「イーバランス」。設立が2012年とまだ若い会社ですが、売り上げがすでに20億を突破(!)しているなど、非常に勢いのあるメーカーです。

今回、イーバランスのブランド・シリーズ、ROOMMATE(ルームメイト)の仲間として、光センサーによって蚊や虫を自動的に捕獲してくれる捕虫器「insect forever(EB-RM7900G)」が登場しました。

近紫外線で虫をおびき寄せ、捕獲する「EB-RM7900G」

筒のような形状であるinsect foreverの虫捕りの仕組みを解説すると、「光で蚊や虫を引き寄せ」、「ファンで本体内部に吸引し」、「そのままカゴ部分に閉じ込めてしまう」、という3段階です。

コンビニの店先などで、ライトが虫をおびき寄せているのを見かけたことがあるかもしれません。insect foreverでもこの原理が利用されています。近紫外線のもつ誘虫効果を利用して、虫をファンの近くに誘導するのです。ふらふらと近づいた虫や蚊は、突然の風に吸い込まれ、気がついたら時すでに遅し!という状態になるのですね。

かしこくエコで、デザインもよし

insect foreverでは、虫の誘引に薬剤などは一切使用されていません。蚊取り線香のような煙も出ないので、お子様のいる家庭でも安心です。省電力なのも特徴で、1時間で約0.154円と経済的。センサー感知で昼夜を認識して自動でON/OFFと、ほとんど手間がかからないのもよく考えられています。

本体カゴ部にとらえられた虫は、ワンタッチで排出可です。お掃除もラクラクです。デザインも秀逸で、リビングや寝室などにさりげなく置いてあると、知らない人はセンスのよい空気清浄機かアロマディフューザーと思ってしまうでしょう。

誘蛾灯など虫をおびき寄せる機器は屋外用の製品が多いですが、これを屋内用に転用したのはアイディアモノだと思います。

また、あまり考えたくない捕獲後の処理の仕方もワンタッチでOK、と配慮がなされ、「買ってはみたものの掃除がめんどくさくて」という面倒もありません。まさにブランド名の通り、「ルームメイト」として部屋に一緒にいてくれる頼もしい仲間、という感じでしょうか。

これなら虫(insect)と永遠に(forever)さよならできそうですね!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ