機能、性能、コスパよし!気軽に使えるお掃除ロボット「Anker RoboVac 10」

Anker RoboVac 10

立ち上げにGoogle出身者が関わり、モバイルバッテリーなどのアクセサリで名を馳せるAnkerが、少し前に家電カテゴリーに参入しましたね。オイルディフィーザーやスティック型の掃除機など、いくつかの新製品が発表されましたが、なかでも特に気になったのが自動型の清掃ロボット「Anker RoboVac 10」です。

「忙しくて部屋の掃除がなかなできない」とか「昼間は留守がちだし、夜中に掃除機をかけるわけにもいかないし……」という方には朗報ですよ!

スイッチを入れるだけで自動で掃除を始め、きれいになったと判断したら自動で終わってくれる、かしこいお掃除ロボットです。

3種の清掃モードと、3種のゴミの取り込み方法でいつもキレイに

RoboVac 10の本体は薄くスリムな形状なので、ソファやテレビボードの下などもラクラク入り込んで掃除してくれます。15mmまでの段差も乗り越えられる設計になっているので、フローリングとカーペットの段差や敷居なども大丈夫です。

清掃モードには3種類が用意されています。普段はおまかせの「自動モード」で。ほかに、汚れが気になるところを重点的に掃除する「スポットモード」や、ホコリのたまりやすい壁際や部屋の隅に対応した「エッジモード」が選択でき、用途に合わせてモードを選ぶことができます。

ゴミの取り込みには「サイドブラシ」と「回転ブラシ」、それに「強力な吸引力」という、これら3種の方法の絶妙な組み合わせで設計されています。これにより、部屋のわずかなチリやホコリも逃さずキレイにしてくれるのです。

掃除のスケジュール設定も可能。充電もかしこくオート

2600mAhのリチウムイオンバッテリーが採用されているRoboVac 10は、満充電から約100分間持続しての運転が可能となっています。その間、吸引力は変わらずに動作できるなど、こういった点からも本体の高い性能をうかがわせてくれます。

動いているときにバッテリーがなくなってきたなと判断したら、自分で充電ステーションに帰って充電します。その帰っていく姿は、ちょうどペットが自分の場所にもどる様に似ていて、ちょっぴりかわいいものです。

スケジュール管理もできるので、外出中に掃除させることも簡単です。忙しくて留守がちな方でも大助かりですね!

RoboVac 10は、自動稼働のお掃除ロボットとして基本的な性能をしっかり網羅しています。落下防止センサーも備えているので、「気づいたら階段下で力なく転がっていた……」ということもありません。

排気関連でも、HEPAフィルターという高性能のフィルターが使われています。とらえたゴミやホコリ、ダニやカビを排気で撒き散らないよう配慮されているのもポイントが高いです。

Anker社が出すものなので、バッテリーにも安心感がありますね。もちろんコストパフォーマンスに優れるなど、「ロボット掃除機を使ってみたい」というはじめての方にも訴求力がある、よい商品だと思います。

ルンバの中・上位モデルと価格を比較すると、グッと安くなるのは本当にありがたいですね!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ