レトロな見た目であなどるなかれ!超有能でマルチな洗剤「ウタマロクリーナー」

ウタマロクリーナー

最近ドラッグストアやスーパーなどでよく見かける緑の四角い石鹸、ウタマロ石けん。低価格なのに汚れ落ちがいいことから口コミで広がり、主婦のあいだで絶大な支持を得ている商品です。

すでに認知度の高い石鹸ですが、そのウタマロ石けんに住宅用クリーナーがあるってご存知でしたか? ウタマロ石けんに負けず劣らずの昭和な外見ですが、たった1本で家中まるごと掃除できるという多彩ぶりです。

トイレ用、お風呂用、台所用、フローリング用などなど、住宅用洗剤っていろんな種類が売られてますよね。種類が多すぎて一体どれを選べばいいのか混乱しそうですが、ウタマロクリーナーならすべてが1本でまかなえてしまうのです! まさに掃除の「万能お助けアイテム」といえるでしょう。

使っていて家事が楽しくなる洗剤

ウタマロクリーナーをつくっている東邦は、1920年に大阪で創業した老舗のメーカーです。リサイクルした油を原料にしたり、CO2削減のために輸送方法を鉄道に切り替えるなど、環境保全に対して積極的に取り組んでいる企業でもあります。

詰め替用の製品を業界内で一番早く取り入れたのも、この東邦だそうです。創業当時より安心・安全・便利を理念とし、環境と素肌に優しい製品をつくり続けています。

ウタマロ石けんにはじまり、部分洗い用液体洗剤のウタマロリキッド、食器洗い用洗剤のウタマロキッチンなど、このウタマロクリーナーを入れて合計4種類がシリーズ化されており、「レトロの中にも新しさ」をコンセプトにつくられています。

昔ながらの優れた技術やデザインを残しながら、現代にあわせた使いやすさを融合させる。特徴的なパッケージに限らず、中身にもその精神は共通しています。

ちなみに「ウタマロ」の名前は、浮世絵師の喜多川歌麿からとられているそうですよ。

多彩な洗浄力と素肌へのやさしさ、これぞウタマロ品質!

ウタマロクリーナーのいいところは、シュッとスプレーしてサッとふき取るだけのシンプルさ。基本的に二度拭きする必要はなく、しつこい汚れも軽い力で綺麗になります。多目的に使えるので、これ1本で家の中の隅から隅まで掃除できるという優れものです。

床や壁などはもちろん、シンクや浴槽の水アカ、ガスコンロや換気扇まわりのギトギト油など、水拭きできる場所ならどこでも対応してくれます。頑固な汚れは、スプレーして5分ほど放置しておけば、勝手に汚れが浮き上がってきます。手アカやタバコのヤニにも効果があるとのこと。

浴槽、アルミサッシ、網戸、水栓など、それぞれの材質や汚れの原因が違っても関係なく使えるので、何通りもの使い方ができそうです。大掃除のときには、心強い相棒として活躍してくれることでしょう!

しかし、汚れ落ちのよさと肌への負担は比例するもの。そんなに洗浄力が強いなら肌荒れするのでは? と心配されるかもしれませんが、大丈夫。

ウタマロクリーナーは、その2つの条件を両立させるべく、研究に研究を重ねて実現させることに成功しました。肌への負担が少ないアミノ酸洗浄成分に着目し、それら数種類をバランスよく組み合わせ、3年の期間をかけて完成に至ったウタマロクリーナーは、いわばこだわりと努力の結晶です。

また、アミノ酸系洗浄成分は独特の原料臭がなく、香料として配合しているハーブ系の香りをそのまま生かすことができます。市販の洗剤でよく使われている硫酸系の界面活性剤は、若干酸っぱいような香りがしますが、ウタマロクリーナーは上品な香りに仕上げられています。

汚れも収納もスッキリこれ1本!ちょこっと掃除で大掃除いらず?

1本だけでまとめられる、その簡潔さが魅力的な商品ですね。近年の清潔志向が拍車をかけているのか、住宅用洗剤が細分化されていますが、あれもこれもとそろえる必要がないところがいいと思います。ゴチャゴチャとモノが増えるのもイヤですしね。

レンジフードはいつもつけ置き洗いが当たり前でしたが、ウタマロクリーナーがあれば吹きつけて拭き取るだけで汚れを落とせるので重宝しますよね。置き場所にも困らないので、いつも目のつくところに置いておけば、汚れが気になったときにサッと掃除してしまえる手軽さも丁度いいです。

普段から拭いておけば、年末の大掃除もかなりラクできるはず! 塩素系の洗剤とは違い刺激臭もなく、マスクやゴム手袋もいらないので、掃除のときのストレスもありません。小さい子どもやペットがいる家庭でも安心して使えますね。

生活スタイルと同じく、洗剤もシンプルが一番!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ