ゲームやカメラの映像を目元で把握できる眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」

眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」

VUFINEより、KICKSTARTERで目標金額5万ドルをわずか5日間で集め、最終的には24万超を達成した眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」が、日本で正式に販売されました。現在アメリカで人気爆発中の「ポケモンGO」をはじめ、IngressなどのゲームやGoPro・ドローンなどのカメラを、眼鏡に装着したVufineに映し出してくれます。

アプリ不要でHDMI接続だけというシンプルさ

Vufineは、micro HDMIでほかのデバイスと接続して使用します。アプリやソフトウェアを必要とせず、とってもシンプルで実用的なのが特徴です。複雑で高価な製品ではなく、機能をシンプルにすることで手に入れやすい価格帯を実現しています。

720pのHDMI入力ができるデバイスなら使えるので、スマートフォンやタブレットをはじめ、GoProやドローンなど数多くの製品と接続して、映像を目の前で体感できます。

いちいちスマートフォンやタブレットの画面を確認しなくてもいいので、とても快適ですね!

リアルとバーチャルの融合が、どんどん進んでいる印象を受けました。これならフットワークも軽くなるし、余計な手間が省けるので、機動力もグンと高まりまるはず。

ただメガネに取り付ける仕様のため、目がいい人にはちょっとツライかもしれませんね……。もちろん度なしメガネでもOKですが、普段からメガネをかけてないと違和感がありそうな気がします。

とはいえ、ゲームやカメラなどの映像を目元で手軽に把握できるのは、状況次第でとても便利だと思うので、人によってはかなり重宝するガジェットになるのではないでしょうか?

現在(記事執筆時点)、日本での正規販売窓口はアマゾンになります。正式販売窓口から購入した製品なら、90日間の保証期間と日本人担当者によるサポートを受けれるので、購入する方はこちらからがオススメです。

主な仕様は、サイズが96 × 20 × 14mm、重さが26g、バッテリー接続時間が約90分、ディスプレイタイプがLCOS qHD 960 × 540。

バーチャルスクリーンは、眼から約30cmの位置に4インチスクリーン相当で表示されます。そのほか、輝度が220 cd/m2、コントラス比が150:1、リフレッシュレートが60Hzです。

近未来チックな遊びをいち早く楽しみたい方は、ぜひVufineを手に入れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ