フォースメディアの充電しながら動画鑑賞できるスタンド機能つきモバイルバッテリー「世界の盾 JF-PEACE55」

スタンド機能つきモバイルバッテリー「世界の盾 JF-PEACE55」

フォースメディアの「世界の盾」シリーズから、スマホやタブレットを充電しながら立てかけれるスタンド機能つきモバイルバッテリー「JF-PEACE55」が登場しました。

バッテリー容量は5200mAh。スマホ約2回の充電が可能です。また、これよりもうひと回りコンパクトな「JF-PEACE52」も同時に発売されます。こちらは容量が2600mAhになり、スマホ約1回分の充電が可能です。飛行機や新幹線などの移動中に、バッテリー残量を気にせず動画鑑賞などを楽しみたい人には最高のモバイルバッテリーになりますね!

引っ張るだけでスタンドが出てくる

JF-PEACE55のスタンドは、引っ張るだけでカンタンに出てきます。引っ張り出したあとに、スマホやタブレットを挟んで立てかけるだけなので、セッティングもあっという間。その状態のまま充電できます。

マグネット式により、収納もワンタッチで快適です。ちなみに、スタンドに立てれる機器の厚みは最大12mmになり、機器の種類によっては充電できない場合もあるとのこと。分厚いケースを装着したスマホやタブレットだと難しいかもしれませんね。

ともあれ、動画をゆったり楽しみながら同時に充電もできるので、まさに「一石二鳥」のアイテムといえます。

また5200mAhモデルのみとなりますが、バッテリー残量を把握できるLEDが搭載されている点もGoodです。「もうどれくらい充電できるかな?」と気になったら瞬時にチェックできるので、一日中モバイルバッテリーを持ち歩くときなんかには非常にありがたいですね。

安全面では、過電流・過電圧・短絡保護機能を搭載しているので、安心して充電できます。

出力は5200mAhが2.1A、2600mAhが1.0A。5200mAhモデルならタブレットもすばやく充電できるので、スマホとタブレットの両方持ちの人なら、5200mAhをチョイスしたいところです。

筐体はアルミニウム製で、高級感あふれる美しい光沢がとってもオシャレです。

実用的な機能を備えつつ、デザイン性にもこだわったモバイルバッテリー「JF-PEACE55」は、まさに移動中の相棒にふさわしい一品になりますね。

主な仕様は、5200mAhモデルが、本体サイズ44 × 109 × 27(W × D × H)、重さが約165g、充電時間が約6時間。2600mahモデルが、本体サイズ27 × 109 × 29(W × D × H)、重さが約100g、充電時間が約3時間になります。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ