iPhoneをスキャナにでき、iPhoneから操作もできるPFUの美しい照明「SnapLite(スナップライト)」

SnapLite

書類やレシートなどのデータは、iPhoneのカメラでサクッと撮影するのが効率的ですよね。ただ、斜めになったり手ブレしたり、意外と正確に撮影するのって神経を使います。そこでこれを解決してくれるのがPFUの「SnapLite(スナップライト)」という照明です。iPhoneで操作できる照明でありながら、iPhoneを高性能スキャナにできますよ。

専用アプリと組み合わせて使い方がカンタンでキレイに撮影できる

SnapLiteには専用アプリが用意されており、LEDライトと組み合わせることで、カンタンに、そしてキレイに撮影することができます。

iPhoneと照明本体の接続はBluetoothで行います。接続したらiPhoneを照明本体の上に乗せ、ボタン(光るリスのマーク)をタッチすれば完了です。これでカメラロールに撮影されたデータ(JPEG)が保存される仕組みです。使い方がカンタンなのがいいですね。

iPhoneを三脚のように固定した状態で撮れるので、手ブレの心配もありません。ちなみに本体に乗せるときは、アプリを立ち上げておく必要があります。

画像は自動で傾き補正とトリミングされたものが保存されるので、とっても便利ですね!

さらにイラストなど大きいサイズを撮影したい場合でも、アプリの合成モードから2回に分けて撮影すれば、1つの画像に合成することも可能です。もちろん、これも自動で合成してくれるので、手間なくカンタンに画像を取り込むことができます。

それから、複数の紙を一度に取り込めるのもスゴイと思いました。たとえば、レシートを重ならないように配置して撮影すれば、自動で1枚ずつ画像として保存されるのです。なんというか、もはや至れり尽くせりって感じですね。

照明には電球のような暖かい色と、ニュートラルな白い色の2色のLEDライトが使われています。こちらもアプリを使って操作することができます。色の切り替えや明るさ調整(5段階)が可能です。さまざまなシーンに合わせて好みの光を演出できますね。

また、照明の本体にはUSBポートが搭載されているので、iPhoneなどを充電したいときにも役立ちます。

連携アプリも使えば、さらに幅広い用途で活躍すること間違いなしです。ReceReco、Zaim、CamiApp、AnkiSnapといったアプリと連携することができます。

書類やレシートを、よりスマートに管理したい人は、ぜひSnapLiteを使ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ