椅子のデザインも機能も自分仕様に選べるオカムラのオフィスチェア「ヴィスコンテ」

オカムラ ヴィスコンテ

人がOAチェアに求めるものは、まさに千差万別です。使い手の体型、座り方、ワークスタイルなどなど、座る人の数だけ椅子の種類があるともいえます。オフィスや公共施設の家具、医療施設や研究施設の空間コーディネート、商業施設などの什器製造で知られるオカムラのオフィスチェア「Visconte(ヴィスコンテ)」は、背面の素材や座面の高さ、リクライニングの仕様、カラーリングなどの選択肢が多く、自分好みの一脚をあつらえることができます。

あらゆるワークスタイルに柔軟に対応

モダンなデザインのオフィスチェア

ヴィスコンテはグッドデザイン賞を受賞しており、人目を引くモダンなデザインです。

グリッド(格子)状の背面が特徴的で、使い手の動きにあわせてフレキシブルに変形し、適度な弾力を身体にかえす設計になっています。荷重がかかる部分によって厚みを変えるなど、それぞれのパーツ設計にも細心の注意が払われています。

背面はスタンダードな「プレーン」、よりソフトな使い心地の「メッシュ」があり、ほかに安定感を求めるなら「クッション」タイプをお薦めします。

また、座面の高さと奥行き調整ができるのもポイントです。奥行き調整で腰の位置を自分のいつもの座り方にあわせられるのは、とてもいいですね!

最新の人間工学の知見に基づいてリクライニングを設計

背もたれのリクライニングは、ただ単に上半身のみを前後させるようにできているのではありません。人間工学の研究に基づき、くるぶしを起点にして無理のない姿勢がとれるように計算してつくられています。

この「アンクルチルト」により、長時間のデスクワークでも快適に過ごすことを可能にしています。

人の体全体を観察して、快適な座り心地を追求しているわけですね!

リクライニング機能は2パターンがあり、20度の範囲で無段階に可動する「フリーリクライニング」と、それに追加して5度ずつの段階的な調整ができる「5段階固定」です。

ヴィスコンテ・シリーズはバリエーションが豊富なため、使い手が求めるタイプの組み合わせに必ず出会えることも特徴でしょう。

ハイ/ロー・バック、背面は上記の3種「プレーン」「メッシュ」「クッション」から、2種のリクライニング、座幅もコンパクトとスタンダードの2種類があります。ほかにクッションカラーは6色から、フレームもブラックとグレー、座面スライドの有無、高さと角度調整できるアジャストアームの有無があります。

省スペースなデスクに合わせたいなら座幅がコンパクトなタイプを選んだり、快適性を求めるなら、いわゆる「オプション全部のせ」でもいいかもしれません。

ご自身のワークスタイルと予算にあわせて、ピッタリなものを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ