コンパクトで防塵・防滴にも配慮されたソニーの標準ズームレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)」

FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)

デジタルカメラを使っていると最終的に欲しくなる35㎜フルサイズのデジタル一眼カメラですが、はじめて購入するとなると予算面を含めて、何を選べばいいのか悩みどころです。高画質で美しい写真を撮れるのはもちろんですが、コンパクトでいつでも持ち歩けてシャッターチャンスを逃さないことがいちばん大切ではないでしょうか。

そんな願いをかなえてくれるアイテムがソニーα7シリーズであり、そのカメラに対応する標準ズームレンズが「ソニー FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」です。

スタイリッシュで小型軽量なのに35mmフルサイズ対応

最近コンデジにもの足りなくなったカメラフリークの間で人気上昇中のデジタル一眼カメラ「ソニーα7シリーズ」ですが、その人気の秘密はコンパクトでスタイリッシュなボディに加え、ミラーレスながらも光を電気信号に変える撮像素子(イメージセンサー)には35mmフルサイズを採用し、高画質なスチール撮影や動画撮影を可能にした最強のスペックを持ち合わせているところです。

そんな「ソニーα7シリーズ」のデジタル一眼カメラのズームレンズキットに採用されているレンズが、α(Eマウント)レンズシリーズの「ソニー FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」です。

また、単品としても販売しておりα7シリーズ以外にα6000シリーズ、α5000シリーズに装着可能で、静止画だけでなく4K動画記録・高画質フルHD動画をそなえた機種にも対応しています。

この「ソニー FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」は焦点距離が28mm〜70mm、開放絞りF値がF3.5〜5.6、最小絞りF値がF22〜36と使い勝手のいい画角と被写界深度をそなえた、低価格ながらもスナップや風景からポートレイトなど幅広い被写体をカバーできる、はじめて35mmフルサイズのデジタル一眼レフカメラを使用する方にもおすすめのズームレンズです。

また、世界最速0.05秒のAFスピードを誇るα6300にも装着可能で、スポーツや乗り物など動きの速い撮影にも遅れをとることがなく被写体を捉えることができます。

小さなボディに秘められた確かな光学技術

最新の光学設計によって、ズーミング時にも全長の変化が少ないコンパクトなボディに、非球面レンズ3枚、EDガラス1枚を搭載することにより、歪曲収差や色収差を補正してズーム全域で高い描写力を発揮します。

それにより絞り開放時でも、にじみが少なくコントラストの高い画質が期待できます。また、円形絞りの採用によって、丸くて自然な美しい背景ぼけが生まれ魅力的な画像に仕上がります。

光学式手ブレ補正機能が内蔵されているので、望遠側での撮影や暗い場所での手持ち撮影でも手ブレの心配がありません。

そのうえ、ほこりや水滴の侵入を防ぐ設計が施されているので、ハードな屋外の撮影でも安心して使用できる頼もしいレンズです。

小型で携帯性にも優れているので、交換レンズとしても場所をとりません。普段はズームレンズを使わないこだわり派にもおすすめできます。

コニカミノルタから継承され独自の進化をとげるソニーの光学技術

ソニーがデジタル一眼カメラ市場に参入したのは2006年7月と他のカメラメーカーよりも日は浅いですが、「コニカミノルタ」から受け継いだ確かな技術力に加え、独自の視点と軽量化を得意とする高い技術を活かした製品づくりで年々シェアを伸ばしています。

この「ソニー FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」が装着出来るα7シリーズの撮像素子(イメージセンサー)には全て35mmフルサイズを採用しています。

そのカメラボディは他のメーカーの(撮像素子が小さい)APS-Cサイズのデジタル一眼カメラのエントリーモデル機よりも遥かに小さく、いつでも手軽に持ち運べてシャッターチャンスを逃さない機動力が魅力のひとつになっています。

ミラーレスのデジタル一眼カメラで35mmフルサイズを採用しているソニーですが、コンパクトで軽いボディにもかかわらず高機能を搭載できるのはメーカー独自の高い技術力がうかがえます。

撮像素子35mmフルサイズの実力

デジタル一眼カメラに使用されている撮像素子の大きさは、3種類あり35mmフルサイズが36.0×24.0mm、APS-Cが23.5×15.7mm、フォーサーズは17.3×13.0mmと、いかに35mmフルサイズの撮像素子が大きいかということが判りますが、大きければ大きいほど高画質でなめらかな質感の写真に仕上がります。

プロカメラマン向けの最上位機種の特徴として、画素数よりも撮像素子の大きさを重要視していることからも、撮像素子の大きさが大切だということが明白です。

また、ソニーのデジタル一眼カメラの特徴のひとつに、高感度撮影でも低ノイズの画質が得られることがあげられますが、α7シリーズの中には拡張すると静止画像時ISO50〜409600の超高感度を可能にする機種「α7s」があり、夜景や天体、暗い室内の撮影が手持ちでもブレることなく美しい画像がえられます。

他にもプロの天体写真家も愛用の「α7R Ⅱ」は2016年度「カメラグランプリ 大賞」及び「ベストミラーレスコンパクトカメラプロフェッショナル」の2冠を受賞するほどの実力で、そんな「コンパクトで高機能」なα7シリーズの実力をフルに発揮させてくれるレンズが、α(Eマウント)レンズシリーズであり、「ソニー FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」です。

愛おしくなるビジュアルと性能

コンパクトなボディに加えてビジュアルのよさが際立つレンズなので、いつでもカメラにつけて持ち歩きたくなりますが、それ以上に35mmフルサイズ対応は魅力的です。

35mmフルサイズ対応であれば、SNSやWEBなどのモニター上の画像だけではなく、ポスターや雑誌・カタログ見開きなど大きめの印刷にも充分に対応可能になるのでプロの現場でも活躍してくれます。

各メーカーが発表している標準ズームレンズのなかでも群を抜いて携帯性に優れているうえに、光学技術を駆使した性能の高さや、防塵・防滴にも配慮された設計なので、いつでも傍らに置いておきたくなるレンズです。

コストパフォーマンスのよさも魅力ですが、いつもよい製品を見ると感じる「美しいビジュアルの製品は高性能」という言葉がピッタリの素晴らしいズームレンズです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ