日常利用や映画鑑賞も自由自在!ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」

ソニー ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

プロジェクターといえば、講演会や学校の授業、ビジネスでのプレゼンといった用途がまず思い浮かぶでしょうか。ホームシアター用のプロジェクターも人気が高いですが、今のところ一家に一台というほど普及しているわけではありません。価格も随分下がってきているとはいえ、まだまだ気軽に購入できるほどにはなっていませんね。

ソニー(SONY)から出ている「LSPX-P1」は、そういうプロジェクターのイメージをガラリと覆してくれるかもしれません。

日常になじむプロジェクター

最大80インチまで大きさを自由に変更

従来のプロジェクターは、使う時にどっこいしょと持ちだしてテーブルや棚に設置、あるいは天井にあらかじめ固定するなど、使用するのに多少の気構えが必要なこともありました。LSPX-P1は、そのあたりのわずらわしさがすっきりと取り払われ、普段使いのしやすいフレンドリーな設計になっています。

本体にあるスイッチは電源のみです。操作は基本的にスマートフォンで行い、使い方も大変“スマート”ですね。

バッテリー内蔵のポータブル機で、スピーカーも内蔵装備しています。簡単に持ち運びして利用できるのも特徴です。

また、「ポスター機能」の利用で、スタイリッシュな時計を表示させたり、美しい風景写真をうつすこともできます。時計表示は日常利用に便利ですし、映像の使い方によっては美術展などでのインスタレーションのような表現もできます。このあたりの“アートな雰囲気”を醸し出せているのは、さすがはソニーといったところでしょうか。

設置場所にとらわれないワイヤレスのフレキシブルさ

壁際に置けば、壁に22インチの映像を投影。壁との距離によって最大80インチまで大きさを自由に変えられます。

超短焦点レンズを強みにして、テーブルや床に置いて手元に投写することも可能です。工夫次第で映像の楽しみ方がグンと広がりますよ。

また、本体とは別に「ワイヤレスユニット」が同梱されており、HDMI端子をもつプレーヤーやテレビ、パソコンなどを接続し、ワイヤレスでプロジェクターから出力することもできます。

さらに、付属の「AVマウス」を使えば、機器同士が離れていても、HDMI機器のリモコンを手元で操作可能です。

たとえば、映像を楽しみながら、手元のビデオのリモコンをプロジェクター本体に向けて一時停止や巻き戻しの操作をすることもできるので、この機能は大変便利ですね!

LSPX-P1は、ソニーの提案する「Life Space UX」シリーズの製品群のひとつで、ほかに「LED電球スピーカー」や「グラスサウンドスピーカー」といったものが発表されています。

Spaceという語があることから「空間」をコンセプトにしていることがうかがえますし、生活に溶け込んで心地よい空間をつくりだすことを企図しているように思います。

今回ご紹介したプロジェクターも狙い通りの製品といえるでしょうね。

角のまるい正方形のデザインで、側面にはシボ加工されたような優しい手触りのテクスチャーが施されるなど、質感もバッチリです!

毎日の生活によりそうLSPX-P1、ぜひ体験してみてくださいね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ