オリンパスの全指向性ステレオマイク搭載でワンタッチ録音もできるスティックタイプのICレコーダー「Voice-Trek VP-10」

オリンパス ICレコーダー Voice-Trek VP-10

胸ポケットやペンケースに収納できて、音声を記録したいときにササっと録音できるオリンパスのICレコーダー「Voice-Trek VP-10」をご紹介します。スティックタイプのデザインを採用しているので、「さりげなく、あらゆるシーンで」スマートに録音できますよ。携帯性に優れたICレコーダーを求めている人は、要チェックです。

スリムでコンパクトなのに「低ノイズ・高音質録音」

ビジネスシーンに最適なICレコーダーというと、胸ポケットにスッと入れられ「いつでもどこでも」サッと取り出せるスマートさが重要ですよね。そして何より大切なのが「高音質で録音できる」ことではないでしょうか?

いくら振る舞いをスマートにキメても、「記録した音声データが雑音だらけで聞こえない」なんて説得力ゼロですからね……。

このVP-10のすごいところは、スリムでコンパクトなサイズでありながらも、低ノイズ・高音質録音を実現していることです。あらゆる方向からしっかり音をキャッチできる「全指向性ステレオマイク」を搭載しているので、「どこに設置しても」広範囲の音を集音してくれます。

またスティックタイプのICレコーダーは、胸ポケットに入れたまま録音するシーンが多々あると思います。そんなときに気になるのが、ポケット内での「ガサゴソ音」。VP-10では、このような音を低減できる「擦れ音フィルター」を備えています。この機能をオンにすることで、雑音を抑えたクリアな録音を可能にします。

「雑音と音声を間違えないの?」と思うかもしれませんが、音の振幅の変化を「雑音の変動」なのか「音声」なのかを、独自技術を用いて音の周波数特性の違いを識別し「雑音のみ」を低減してくれるので安心です。

さらに「ローカットフィルター」をオンにすることで、空調やプロジェクターのファンの音などもカットできます。録音時にカットするので、再生時にも自然な音で聴けるのがいいですね。「いま録音したデータをちょっと確認したい」なんてときにも役立つ機能ですね!

使いやすさにこだわったユーザビリティー

USBダイレクト接続

サイズが小さくなればなるほど、使いにくくなる製品は多いですが、VP-10はさまざまなシーンでの“使いやすさ”にこだわっているのが特徴です。

ポケットに入れたままでも簡単に操作できる「ワンタッチ録音」は、電源がオフの状態でもRECスイッチをオンにすることで「即録音開始」できる優れもの。これなら急な録音にも瞬時に対応できるので、とても実用的です。

「録音のチャンスを逃したくない」という人には、ピッタリの機能ですね!

それからもう一点うれしい機能が、「USBダイレクト接続」です。USB端子が本体に内蔵しているので、カバーを外してそのままPCへダイレクト接続! いちいちケーブルを別に用意する必要がないので、とても助かります。スリムでコンパクトな製品を求める層というのは、できるだけ余計な付属品を持ち歩きたくないはずなので、この機能はとても理にかなっていると思います。

文字起こし・語学学習・ポケットなどに最適なモードを搭載

VP-10には多彩なシーンにマッチしたモードが搭載されています。

音声を書き起こして文章にするときに役立つ「文字起こし」モードや、英会話などリスニング学習に最適な「語学学習」モードを搭載しています。

そして録音シーンセレクトには、新たに「ポケット」モードが追加されました。これにより、会議、商談、メモ、ポケット、の4つのモードから選ぶことができます。

ほかにも、0.5倍(遅く)から最大2倍(速く)まで再生スピードを変更できる「早聞き・遅聞き再生」や、長時間の音声データなど容量の大きなファイルを“PCを使わず"レコーダー本体で分割編集できる「ファイル編集」など、さまざまな機能を備えています。

本体にはクリップもついているので、胸ポケットや手帳などにはさめて持ち歩けるのもうれしいですね。

サイズは17 × 130 × 17mm(最大突起部含まず)、重さが37.5g(電池含む)、記録形式はリニアPCM、MP3、WMAに対応しています。カラーはブラックとホワイトの2色。

スリムでスマートにさりげなく、そして高音質な録音ができるオリンパスのICレコーダー「Voice-Trek VP-10」は、ビジネスシーンできっと大活躍してくれるはずですよ。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ