フェールラーベンのペットボトル11本でつくったリサイクルバック(リュック)「Re-Kanken」

フェールラーベン Re-Kanken

なかなかおもしろいバックパックが登場したのでご紹介。フェールラーベン(FJALL RAVEN)のシンボル的存在ともいえるリュックといえば、「Kanken(カンケン)」ですが、このたびKankenシリーズに新しいモデルが追加されました。その名も「Re-Kanken」。なんとこのリュック、ペットボトル11本でつくられているそうですよ。

カンケンの新モデルは環境にやさしいリュック

Re-Kankenは、11本の使用済みペットボトルを紡いでつくられたリサイクルバックです。リサイクルポリエステル素材を原料とし、革新的な染色方法「Spindye」で、1本の色から染めているのが特徴です。

Spindyeは、化学薬品・水・エネルギーを抑えた環境にやさしい技術になります。また、遠い未来に再びリサイクルできる仕様になっていることから、「未来志向バック」といえる製品ですね。

デザインはKankenでおなじみのフォルムをほぼ踏襲しつつ、中央にあるロゴマークがKankenよりも控えめに仕上がっています。個人的には「Re-Kanken」の方がシンプルで好みですね。少し大人っぽくなったような気がします。

メインコンパートメントには、大きなジッパー式開口部を備え、サイドポケットが2つ、ジッパー式ポケットがフロントに1つ備わっています。

ショルダーストラップ(ストラップ最大長:69cm)の長さ調節ができるほか、取り外し可能なシートパットがバックポケット内側についています。

使いやすいフォルムと機能性、そしてシンプルで可愛い&カッコいいデザインなので、毎日でも背負って出かけたくなりますね!

主な仕様は、サイズが38 × 27 × 13cm(高さ × 幅 × 奥行)、重さが395g、容量が16Lです。カラーラインナップは、下記の11色が用意されています。

  • Slate
  • Sunflower Yellow
  • Pink Rose
  • Red
  • Ox Red
  • Deep Violet
  • UN Blue
  • Black
  • Midnight Blue
  • Spring Green
  • Dark Olive

どの色もすごく素敵で、迷っちゃいますね。個人的にはSpring GreenかOx Redが気になるところです。

というわけで、環境に配慮されたフェールラーベンのオシャレなバックパック「Re-Kanken」のご紹介でした。

Re-Kanken

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ