3つの機能(電子マネー・通知・ログ)と高いデザイン性が魅力のソニー「wena wrist」

wena wrist

以前、クラウドファンディングで話題となり、正式販売にいたったソニーの「wena wrist」をご紹介します。流行りのスマートウォッチではあるのですが、こちらは少し方向性が違います。デジタル色を抑えたアナログ感、というか時計としての“伝統的なデザイン”を大切にしたスマートウォッチです。機能面においても、何でも詰め込むのではなく、厳選した3つの機能に絞り込んでいるあたりに好感がもてますね。

FeliCa搭載でおサイフケータイに対応したスマートウォッチ

おサイフケータイに対応

最大の特徴は、何といってもデザイン性。こんなハイセンスなスマートウォッチ、見たことありません。長い歴史で培われた腕時計の伝統的なスタイルを継承しながら、最新テクノロジーもしっかり組み込む。まさに理想的かつ現実的なスマートウォッチといえるのではないでしょうか?

また、いままでスマートウォッチに興味はあったけど、ビジネスシーンには合わないから……と、諦めていた人にとっても、このデザインはうれしいポイントになるはずです。

さて、見た目がカッコイイのはわかりましたが、肝心のスマートウォッチとしての機能はどうでしょう?

たとえば、Apple Watchの場合だと、LINEやメールの内容(簡単なもの)をはじめ、音楽、天気、活度量、ToDo……など、さまざまなアプリ機能を好みにあわせてカスタマイズできます。

wena wristは、こういう「多機能」とは真逆の位置にいます。なぜなら、搭載する機能を3つに厳選しているから。

その3つの機能とは、「電子マネー」「通知」「ログ」です。

wena wristには「FeliCa」が搭載されているので、おサイフケータイ対応サービスが利用できます。手首をかざすだけで会計できるので、まさにスマート。荷物をたくさん持っているときなんかに便利ですね。

また、フルカラーLEDや振動モーター搭載により、シンプルで美しい通知機能を実現しています。各アプリから受け取る通知を、好きな色で管理できるのはナイスアイディアだなぁと思いました。

そのほか、活動量計も搭載されているので、一日の消費カロリーや歩数を簡単にチェックできます。

いろんな機能をフル活用したい人には、正直もの足りないかもしれません。しかし、使わない機能ばかり搭載されているのは無駄……と感じている人にとっては、最適なスマートウォッチになるのではないでしょうか?

ちなみに、wena wristはバンド部にさまざまなテクノロジーを集約しています。そのため、ヘッド部をそのまま使いながら、バンド部のみを交換して機能を最新にしていけるのが魅力です。

ラインナップは、Three HandsとChronographの2モデル。カラーは、各モデルともにシルバーとプレミアムブラックが用意されています。

また、Limited EditionでThree Handsのホワイトも販売されています。個人的には、このLimited Editionのホワイトが一番文字盤が見やすくて「いいな」と思いました。

ビジネスシーンにも違和感なく使え、機能を3つだけに絞ったソニーの「wena wrist」は、デザインへのこだわりが強い人にとって、最良のスマートウォッチになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

人気の記事

管理人について

30代、男。
とにかく小さい頃から「モノ」が好きで、なぜか年々それが加速しています(笑)。
ガジェット、家電、ファッション、雑貨、お菓子……。
と、あらゆるジャンルに興味津々です。
「自分が気になるモノを、どこかにまとめて保存したい!」
そんな想いで、このブログを運営中です。
「キラリと光る何かがある」「ワクワクしてくる」。
そんなモノをいつも追い求めています。
» もっと詳しく

カテゴリー

最近の投稿

RSSを登録

follow us in feedly

Twitter タイムライン

アーカイブ